釣り場・釣果をみんなで投稿・共有して、釣りをもっと楽しくしよう☆GyoNetーSpots(ぎょねっとスポット)!!

釣り ライン 結び方

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

釣り ライン 結び方(つり らいん むすびかた)  

釣りのラインの結び方は、いろいろあります。

ラインとショックリーダーの結び方もPEラインとリーダーラインであったり、

ナイロンラインとナイロンライン同士であったり、

リーダーラインとフックハリスハリであったりします。

ここでいう、PEラインやリーダーは主にルアーの結び方のことを言い、

ハリスとハリについてはいわゆる餌釣りのときに活用する仕掛けのことを便宜上表します。

また、ルアー釣りにおいては結び方のことをノットもしくはラインシステムなどとも言うので、

ルアーアングラーは覚えておくと良いでしょう。

ここでは主な釣りに関するラインの結び方(糸の結び方)について列挙したいと思います。


・リーダー ライン 結び方

・PEライン 結び方

・ライン リーダー の結び方

・ルアー 結び方

・ハリとハリスの結び方

・アシストフック結び方

ラインの結びと一言でいってもこれだけの種類があり、

その用途も様々です。

例えば、ジギングなど大型魚をターゲットとする場合や人気で手軽なシーバス釣り、エギング、メバリング、アジング、バスフィッシングなど

やりたい、やろうと思うルアーアングラーは必要になってくると思います。

また、餌釣りにおいても、せっかくの大物をいざという時に逃してしまうこともあるので、

これらの意味や結び方はだいたいでもいいので、

自分に良く使うもの、もしくは覚えやすいものでもいいので、

必要な箇所についてはきっちりと結びができるようにしておくことをオススメいたします。


目次

<基本の結び方>

ストッパーノット(誰もが普段使っている結び)

エイトノット(八の字ver)(止め結び)

チチワ結び(輪を作る基本の結び)


<ハリスとハリの結び方>

内掛け結び(基本の結び)

簡単結び(ハリへの結びは一番簡単)

漁師結び(漁師さんも使うほどの非常に強くて結び目も小さい結び)

最強結び(その名の通り最強と言われる結び)

ドロッパーループ(エダスの作り方:フライフィッシング、投げ釣り、サビキ釣りに便利)


<ルアーとフックの結び方>

ジャンスィックスペシャル(比較的簡単で、サルカンやルアーに直結もできる)

ダブルクリンチノット(強くて結び目も小さく、非常に応用範囲の結び方)

ダブルエイトノットループ(最強。サルカンやルアーに直結もできる)

ホーマーロードループ(ルアーの動きに自由度が出るが、号数の太い時、ミノー使用時に使おう。)

ハリソンズループ(ルアーの動きに自由度が出る、ミノー使用時は使いましょう。)

ハングマンズノット(暗闇でも簡単に結べる)

アシストフックの結び方(ジグなどに良く使う必須の結び方)


<ラインとラインの結び方>

エイトノット(ライン直結ver)

電車結び(ライン同士をつなぐ簡単な結び方)

FGノット(強度に定評)

SFノットFGノットの進化系(リーダーとPEライン同士)

オルブライトノット(ラインの号数が異なる場合の結びに適している)

サージャンノット(あらゆる釣りジャンルで使える)

ネイルレスネイルノット(異なるライン同士の結びに最適:フライフィッシングでも使用する)

フィッシャーマンノット(ライン同士の結びの定番、オフショアのソルトルアーには必須)

正海ノット(村越正海氏が考案したノット)

MIDノット(難しいとされるが、強力、バスフィッシングにも使う。)

ブラッドノット(近年あまり使わないが、余裕のある人向け)

ノーネームノット(やや難しい。余裕のある人向け)

PRノット(ボビンを活用したちょっと高度な結び方)

ハーフヒッチ(さらに強度を上げるための一工夫に)

ビミニツイスト(さらに強度を上げるための一工夫に)

プレイテッドスプライス(さらに強度を上げるための一工夫に)


<ラインと金具の結び方>

ユニノット(一番良く使われる結び方)

クリンチノット(よく使われるサルカンへの結び)

パロマーノット(手軽な結び方、ルアー直結は不向き)

ジャンスィックスペシャル(比較的簡単で、サルカンやルアーに直結もできる)

エイトノットループ(サルカンへの結び)

ダブルクリンチノット(強くて結び目も小さく、非常に応用範囲の結び方)

ダブルエイトノットループ(最強。サルカンやルアーに直結もできる)

ハーフヒッチ(さらに強度を上げるための一工夫に)

ビミニツイスト(さらに強度を上げるための一工夫に)


<ダブルラインの結び方>(ここからサルカンやライン同士を結んでさらに強度アップ)

スパイダーヒッチ(ナイロン使用時の簡単結び)  

ビミニツイスト(さらに強度を上げるための一工夫に)

プレイテッドスプライス(さらに強度を上げるための一工夫に)


これらの結びは、自分の釣りスタイルにあうものを覚えていけばよいでしょう。

まずは、簡単な結びから覚えるのも良いですし、

どうせ覚えるなら今後使えそうなものをチョイスして、

ちょっと練習をすれば、必ず結べるようになると思います。

逆に一度覚えてしまうと、おそらく他の結びは必要に迫られない限り

覚えることもないかと思います。

ほとんどのアングラーも同様に全ての結びが完璧にできるという人はいないと思います。


よく、ラインがプチプチと切れて、釣りをする時間よりも

ラインを結びなおしている時間のほうが多い釣り人や

大物とのやりとりで悔しい思いをしている初心者、中級者の人は少なくないと思います。

より快適な釣り、いざという時の大物に備えて知っておくことをオススメいたします。

ライントラブルと対策


表示
個人用ツール
  • 新規会員登録
  • 全国釣り場情報
  • 人気ページBEST50
  • 釣り動画を見る
  • ぎょねっとwikiとは
  • 基本用語集
  • 結び方
  • 料理
  • ぎょねっとウィキなう

みんなで作ろうぎょねっとwiki
釣りのマナー&ルール
釣り用語集