釣り場・釣果をみんなで投稿・共有して、釣りをもっと楽しくしよう☆GyoNetーSpots(ぎょねっとスポット)!!

カジカ(海魚)

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

東北以南に於いて「カジカ」は川魚のカジカを指すが、東北以北、特に北海道地方に於いて「カジカ」は海魚のカジカを指す。

本項では東北以北で呼ばれるカジカについて記述する。(川魚のカジカは→カジカを参照のこと)

カジカの種類は多種に及ぶが、よく釣られるのは「トゲカジカ」、「ケムシカジカ」、「ツマグロカジカ」の三種である。

目次

トゲカジカ

トゲカジカ(亜種・ギス(イソ)カジカ)
トゲカジカ(亜種・ギス(イソ)カジカ)


カサゴ目(Scorpaeniformes) カジカ科(Cottidae)

学名 :Myoxocephalus polyacanthocephalus(Pallas)

英名 :great sculpin

別名 :ナベコワシ、マカジカ

漢字 :棘鰍、鍋壊し、真鰍





形態

ギスカジカ(イソカジカ)頭部
ギスカジカ(イソカジカ)頭部

えらぶたに四本の棘があり、第一背びれは三角形状である。体色は黄色みを帯びた黒褐色で黒色のまだら模様が入る。尾びれの後端は白色~黄白色で腹部は白色。釣れる場所によっては体色が赤みを帯びたり黄色が強かったりと一定色ではない。

カジカ類では最も大型になり、最大で70センチ、体重10キロ程度になる。

トゲカジカには外見がよく似る数種の亜種がおり、その中で最もよく釣れる「ギスカジカ」がいる。 ギスカジカは第一背びれが台形状でえらぶたの棘が一本、尾びれの後端が白色ではない。本種のトゲカジカよりも浅瀬に分布し、体長は40cm前後である。

その他の亜種でよく似るものに「オクカジカ(シラミカジカ)」と「シモフリカジカ」がいる。 オクカジカ(シラミカジカ)は主に北海道東部太平洋の砂底、藻場、汽水域に生息し、体側に白色斑がある。あまり美味ではないとされる。全長40センチ程度。

シモフリカジカは体側に白色点があり、全長50センチ程度になる。

生態

ギスカジカ(イソカジカ)上部
ギスカジカ(イソカジカ)上部

水深50~300メートルに生息する。産卵期は12月~2月で、この頃に産卵のため浅瀬に移動する。 岩礁地帯に多く生息し、釣り場も磯場であることが多い。

名称について

通常、カジカと言えばこの「トゲカジカ」を指し、トゲカジカと呼称することは少ない。また、亜種の「ギスカジカ」も本種のトゲカジカと区別されることは稀であり、釣れてくるカジカの多くがギスカジカである。

この二種を総称して「カジカ」、「マカジカ」と呼ばれる場合がほとんどである(※北海道地方)。

食味

カジカの中で最も美味とされ、産卵期である冬季が一番美味であり「カジカ鍋」として食されることが多い。

別名の「ナベコワシ(鍋壊し)」とは、鍋を箸でつつきすぎて壊れてしまうほど美味しいということから付けられ、その美味しさはアンコウ鍋にも匹敵すると言われる。特に肝や胃袋が美味とされ、珍味として食される。

ケムシカジカ

ケムシカジカ
ケムシカジカ


カサゴ目(Scorpaeniformes) ケムシカジカ科(Hemitripteridae)

学名 :Hemitripterus villosus(Pallas)

英名 :sea raven

別名 :トウベツカジカ、トンベツカジカ

漢字 :毛虫鰍





体表を覆ういぼ
体表を覆ういぼ
形態
ひれにある皮弁
ひれにある皮弁

頭部にはこぶがあり、体表はいぼに覆われる。頭部や口の周り、ひれに多数の皮弁があり、この様子からケムシカジカと呼ばれる。

体色は基本的に灰褐色であるが、個体差があり一定色ではない。全長40cm程度になる。

生態

産卵期はトゲカジカよりも一ヶ月程度早く10月~11月で、浅瀬にて産卵する。

名称について

ケムシカジカとも呼称するが、「トウベツカジカ」と呼称されるほうがやや多い。

補足

釣りに於いて、トゲカジカやツマグロカジカほど釣果はなく、トゲカジカを釣っている際に偶然釣れる場合が多い。

食味はトゲカジカと並び大変美味である。






ツマグロカジカ

ツマグロカジカ(ギスカジカ)
ツマグロカジカ(ギスカジカ)


カサゴ目(Scorpaeniformes) カジカ科(Cottidae)

学名 :Gymnocanthus herzensteini Jordan and Starks

英名 :black edged sculpin

別名 :ギスカジカ、トラカジカ

漢字 :褄黒鰍





形態

ツマグロカジカ(ギスカジカ)
ツマグロカジカ(ギスカジカ)
ツマグロカジカ(ギスカジカ)
ツマグロカジカ(ギスカジカ)

トゲカジカやケムシカジカよりも細く、頭部も小さい。

全体的に黄色みがかっているが、背びれ・胸びれ・尾びれに黒い縞がある。全長は30センチ程度である。

生態

生息水深は50~150メートルである。他のカジカは岩礁地帯に多く生息するが、ツマグロカジカは砂れき底にも多く生息する。

産卵期は1月~3月。

名称について

ツマグロカジカと呼称されることはほとんどない。通常は「ギスカジカ」といい、トゲカジカの亜種である「ギスカジカ(イソカジカ)」と混同されそうに思われるが、前述したようにトゲカジカの亜種「ギスカジカ」は単に「カジカ」もしくは「マカジカ」と呼ばれるため、混同されることはまずない(※北海道地方)。

補足

釣りに於いて、ツマグロカジカを狙って釣るものは少ない。カジカ釣りをしている際に釣れることは少なく、むしろカレイ釣りなどで外道として釣れる場合が多い。

食味もさほど良くなく小型である為リリースされることがほとんどである。



食性

カニを食った直後に釣られたカジカ
カニを食った直後に釣られたカジカ
ケムシカジカ(トウベツカジカ)の口
ケムシカジカ(トウベツカジカ)の口

非常に貪欲であり、虫類、甲殻類、魚をひと飲みする。その大きな口からもわかるように、かなり大きなエビやカニ、魚をとることも出来る。

カジカをさばいた際、胃袋からカニや小魚など多数の残留物が出てくることもしばしばである。







シーズン

11月~2月の冬季期間。


釣り方

釣り方には主に二種あり、投げ釣りロックフィッシングワーム)に分けられる。

釣られる期間は11月~12月が最も多く、岩礁地帯の平磯に乗るか、大小の石が散在するゴロタ海岸で夜間に行われる。ロックフィッシングに於いてはこの他に、堤防の際やテトラ周りでも行われる。

※以下に示す釣り方は通常狙われる「トゲカジカ」の釣り方について記述する。


投げ釣り

タックル

450センチ程度の投げ竿、大型のスピニングリールナイロンライン5~6号を巻いて使用する。

投げ竿はやや硬めのものを使用し、号数でいうと30~35号程度のものがよい。また、は釣り場が岩礁地帯ということもあり根掛かりを考慮し、伸びがあり、なおかつ切りやすく安価なナイロンラインを使用したほうがよい。

夜釣りである為、竿先ライト、キャップライトは必ず用意する。

仕掛け

仕掛けは各個人、各メーカーが工夫を凝らし色々なものがあるが、代表的なものを記述する。

[ゴロ仕掛け]

幹糸にナイロンライン10~12号を使用し、上部にサルカンもしくはスナップ付きサルカンを結びその下15~20センチの所にYピンもしくは三角ピンを通す。そのピンに、ナイロンラインまたはフロロカーボンラインハリスにカジカ針(海津針15~18号相当)を結び、ハリス長10cm程度でピンに結ぶ。

上記のピンの下20センチ程度の所に更にYピンもしくは三角ピンを通し、そのピンにナイロンラインまたはフロロカーボンラインハリスにカジカ針(海津針15~18号相当)を結び、針の結び目から12センチ程度離れたのハリスの中間にもう一つ針を結び孫針仕様とし、全長20センチ弱にしてピンに結ぶ。その下幹糸10cm程度をあけてスナップ付きサルカンを結びオモリを付ける。

オモリは20~30号程度のナス型などの根掛かりしにくい形状のものを使用する。また、スナップ付きサルカンとオモリの間に幹糸の半分程度の号数のナイロンラインを10センチ程度付けて捨てオモリ仕様としてもよい。

これの改良型として、第一ピンと第二ピンの間にコマセネットを付けたり、第一ピンとコマセネットを付け、第二ピンを取り外したりする。また、第一ピンに結んだハリスと針の間に夜光玉を通したり、タコベイトを通して使用するとよい。

この仕掛けの第一ピンに結んだ針を食わせ針、第二ピンの部分をゴロ針と呼ぶ。

餌には、食わせ針にサンマソーダカツオを短冊状に切ったものを、ゴロ針にはイカゴロを一本付ける。

コマセネットを取り付けた場合は、オキアミを入れる。また、オキアミの代わりにイカゴロや撒き餌を入れても良い。

ゴロタ海岸
ゴロタ海岸
コツ
カジカの生息域
カジカの生息域

上記のものを2~3本用意し、遠・中・近と投げ分ける。イカゴロやコマセはこまめに取り替えたり追加し、投げ込む際は同じポイントに投げ込む。

アタリは小刻みな前アタリがある場合と、いきなり大きな食い込みと共に竿先が大きくしなるアタリがあるが、いずれにせよ大きな食い込みの際にアワセる。

岩礁地帯での釣りとなる為、根掛かりが多発することもしばしばである。その為、魚がかかった際や餌の取替えの際は、一気に引き上げる。ゆっくりと引き上げると根掛かりの原因となるので注意する。


ロックフィッシング

8フィート前後のルアーロッド、ロックフィッシング専用の竿に、小型、もしくは中型のスピニングリール、またはベイトリールを取り付けて使用し、リールには2~3号程度のフロロカーボンラインを巻く。

岩礁地帯の場合は、隠れ根の際や海底をアクションを加えながら引いてくるとよい。また堤防などでは、堤防の際を探ったり、テトラ周りを探って釣る。

ガクンとしたアタリのあとはただ重いだけのことが多い。

仕様などについてはワームソフトルアーを参照されたい。(「ソフトルアー」に詳しい仕掛けのリンクあり)




注意

前述した通り、冬季の夜間に岩礁地帯で行われる為、大変危険である。特に平磯に乗る場合は、スパイク、ライフジャケットを着用することをお勧めする。

また、照明はキャップライトの明るいものを使用するようにされたい。


釣りスポット

日高海岸でのカジカ釣り)
日高海岸でのカジカ釣り)

積丹半島沿岸、日高海岸一帯、椴法華海岸等








関連項目

カジカ(淡水魚)

ワーム

ソフトルアー


表示
個人用ツール
  • 新規会員登録
  • 全国釣り場情報
  • 人気ページBEST50
  • 釣り動画を見る
  • ぎょねっとwikiとは
  • 基本用語集
  • 結び方
  • 料理
  • ぎょねっとウィキなう

みんなで作ろうぎょねっとwiki
釣りのマナー&ルール
釣り用語集