PRノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

PRノット   

動画でわかりやすく解説

PRノットを使用する状況は?

リーダーとPEラインを直結させる摩擦系のノットで、餌やジギング等で大物釣りの際に使われることが多いノットです。

ラインシステムを組むために道具を使わないいけないのがネックですが、その結束強度の信頼度は高いです。

特にオフショアでのジギング、キャスティング等の釣りをする場合は覚えておきましょう。

結び方をイラストで解説

画像:PRノット1.JPG
専用ボビンを用意し、先端にPEをラインを通します。

画像:PRノット2.JPG
図のようにPEラインを10~15回ほど巻きつけます。

画像:PRノット3.JPG
次はボビンのアームにPEラインを5~6回ほど巻きつけます。

画像:PRノット4.JPG
図のようにボビンのアームを再度取り付け、ラインのたるみをとります。

画像:PRノット5.JPG
PEラインとリーダーの端を左手の指に2~3回ほど巻きつけます。

画像:PRノット6.JPG
手前から奥へとボビンを振って、回転させながら巻きつけます。 右手にぶつかるくらいまで巻いていきます。

画像:PRノット7.JPG
さらに逆方向に2~3回ほどコブを作るように巻きつけます。

画像:PRノット8.JPG
さらに図のように巻きつけを行っていきます。

画像:PRノット9.JPG
ボビンからPEラインを抜いて、ラインのもつれを解いておきます。

画像:PRノット10.JPG
ラインでハーフヒッチを行います。

画像:PRノット11.JPG
ハーフヒッチを6~8回ほど上下交互に行います。

画像:PRノット12.JPG
余分なリーダーをカットして、さらにPEラインでハーフヒッチを5~6回ほど行って締め込みをしっかり行います。その後、エンドノットで締めて、余分なPEラインをカットして完成です。

※結び目の線が隙間なく巻きつけることが重要です。