鹿島港 南浜堤防

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

鹿島港 南浜堤防(かしまこう みなみはまていぼう)


目次

特徴


南防波堤の付け根~鹿島港 知手浜堤防へと続く海岸の中ほどに長さ40mほどの堤防が20本ほど並んでいる。

この堤防群をまとめて南浜堤防と呼んでいる。海底はほぼ砂地なので根がかりの心配は無い。

堤防回りはすべてテトラが囲んでおり周囲の水深は手前でおよそ2m、沖側で4mといったところ。

主なターゲットはイシモチ、クロダイ。


シーズン


春 クロダイ

夏 クロダイ

秋 クロダイイシモチ


釣り方・仕掛け


イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ブッコミ釣りウキ釣りカゴ釣り。


ポイント

各堤防ともに普段から濁りが入っており沖からのウネリが堤防にぶつかって複雑な流れの好ポイントとなっている。


コツ


【イシモチ】 通常は胴付き仕掛けを用意た投げ釣りでも良いが、ウキ釣りで狙うのが一般的。

       地元の人は5号のウキと2本針の仕掛けを好んで使っている。エサはアオイソメかイワイソメ。

       ハリスの長さは15cmほど差をつけ、1本はベタ底もう1本は底を切って流すのがコツ。

【クロダイ】 秋口には好釣果が上がっている。ウキフカセで狙うと良くコマセには「濁り」より「匂い」を強調したタイプが良い。

       ここでは潮は常に濁っているので濁りの演出する必要が無い。

【回遊魚】 ワカシ、ショゴなど回遊する姿がみられる、ハシリの時期だけだがナブラが見れる日もある。

      堤防の近くにはまずこないので重めの飛ばしウキと弓ヅノを組み合わせたサーフトローリングがおすすめ。


豆知識


外洋に面した堤防だけウネリ、風には弱く足場も良くないのでスパイクブーツ、ライフジャケッットの装備は必須。

波をかぶっているようなら入釣は避けよう。

駐車スペースあり。