親不知漁港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

親不知漁港(おやしらずぎょこう)



目次

特徴


国道8号線のすぐ横、親不知・子不知海岸の間に位置する新潟県にある漁港。

アクセスが良く人気の釣り場。アオリイカの好ポイントでもある。港の周囲は砂利底となっている。

しかし、岩礁帯や沈み根が点在しているのでシロギス、カレイ、シーバス、クロダイ、アオリイカ、回遊魚など

上越地区で釣れる魚の大半を狙えるほど魚種は豊富。


シーズン


魚種も豊富で秋口が特に良い。

大型のマゴチヒラメシロギス、シーバススズキ、時にはイナダなどの青物も回遊する。

キジハタやメバル、カサゴなどの根魚もおもしろい。

夏場にはハゼサヨリ・シマダイ(イシダイ)、クロダイ、カマス、カワハギなどターゲットも。


春 クロダイカレイシーバスイナダアジ、カマス、シロギス

夏 クロダイシーバスアジシロギス

秋 クロダイシーバスイナダアジアオリイカ、カマス、シロギス

冬 クロダイカレイイナダ


釣り方・仕掛け


【アオリイカ】 エギング、ウキ釣り

        エギは3号程度でオレンジ、赤系のカラーが実績として高い。

        他にもアジの泳がせ釣りなどでも釣れる。

        ヒラメやマゴチ、根魚などはルアーでの釣りがおもしろい。

        エサ釣りでのミャク釣り(探り)もおもしろい。


コツ


テトラ際や沈み根周辺を探る。

アオリイカは手前から丹念に攻めて、徐々に沖を探るように。

アジなどの小魚の回遊が見られたり、

ナブラがたっているときなどにはミノーなどを投げてみるとGOOD。


ポイント


港全域でアオリイカが狙え、周辺の釣り場よりも釣れだしが最も早くアカイカの回遊も見られるのでエギング好きなアングラーなら見逃せないポイントとなる。

【東堤防】 外側は投げ釣りの人気ポイントで初夏にはシロギス、冬場にはカレイなどが釣れる。

      少し投げればポイントに届くので初心者でも楽しめる。

      堤防際でも水深は深く秋口には泳がせ釣りや投げサビキなどで回遊魚を狙うアングラーの姿も見られる。

      濁りの入ったときならクロダイを狙うのも面白い。

      先端部分は水深がありクロダイ、メジナなどの根魚の良型も狙えるが流れが複雑なので

      混雑時の入釣は控える方が無難となる。

      堤防の内側だと比較的、流れも緩やかとなるのでクロダイのダンゴ釣りなどが向いている。

      梅雨~秋口には安定した釣果を見込めるポイントだろう。

      夕マヅメにはコマセに寄ってくるアジを狙ってシーバスなどの大物も入ってくるのでルアーで狙おう。

      比較的、足場が高いので6mぐらいの玉ノ柄が必要となる。

【港内】 浅瀬にテトラが沈んでいるポイント。春と秋のシーズン、特に濁った時などはクロダイの大物を望む事ができる。

【西堤防】 テトラ上での釣りになるので足場には注意が必要となる。角付近の所だと夏~秋にかけて45cmのイシダイなどもヒットする。

      東堤防寄りだとクロダイをウキフカセか前打ちで狙う事ができる



その他のマメ知識


だいたい手のひらサイズの20cmクラスが多く良い日に当たれば、2ケタの数釣りも楽しめる。

道の駅「ピアパーク」が隣接しているので家族連れにも人気。

駐車スペースあり。トイレあり。


アクセス


北陸道・親不知IC下車、国道8号線を糸魚川方面へ。

JR北陸本線・親不知駅からも近距離。


問い合わせ


えびす釣具店 TEL:025-553-1363