表浜名湖 網干場

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

表浜名湖(網干場)


目次

特徴


浜名湖の今切口にあたるスポット。

昼夜を問わず、大型のシーバスや様々な魚種を狙うことができる。

ベテランからファミリーまで楽しむことができるポイント。

舞阪堤の場合は屈指の好ポイントだが、

駐車場から数分歩くため、大荷物だと大人だけのほうが良い。

また冬場は北西風をもろに受けると波しぶきも受けるようになるため釣りは厳しい。


シーズン


夏場は クロダイシロギス、シーバス、タコ、アジ、ハゼ、キビレ、サヨリ

初秋は セイゴ、ハゼクロダイ、アジ

冬場は カレイ、メバル、アイナメ、メバル、カサゴ


釣り方・仕掛け


基本的には潮止まりの前後でないと釣りにならないくらい、潮流がきついため

地合いもそれにあわせて釣れる事が多い。


投げ釣り:基本はスパイク型の円盤オモリでの仕掛けが必須。

エサはカメジャコ、ボケイワイソメアオイソメ


前打ち:潮止まりの前後に集中しよう。

エサはカニやイガイ。


ウキフカセ釣り:潮流の弱まっているときに集中的に撒きえさを投入し

魚を寄せるようにする。

エサはオキアミがメインでコーン、サナギ、イガイも使う。


サビキ釣り:海面まで比較的距離があるため、最低でも4.5m以上の竿が必要。


探り釣り(ミャク釣り:メバル、カサゴなどの根魚を狙う場合にも、ソルトルアーから

ブラクリブラーなど多彩な捨て石も多いためおもしろい。


コツ


潮当たりの良い曲がり角や先端でテトラの際、カケアガリが狙い目。

潮流が弱まるときが勝負!


ポイント


網干場はもちろん、舞阪堤もかなりの好スポット。

大型の魚が入る確率は舞阪堤のほうが良い。


その他のマメ知識


また、船の行き来が頻繁にあるため、船頭さんの邪魔にならないように配慮しましょう。



アクセス


豊橋方面:国道1号線、弁天島駅前信号の次(一つ目)を右折し、次の信号を舞阪港に向かって突き当たり手前を右折。

浜松方面:国道1号線、舞阪町役場前交差点を左折し、次の信号を舞阪港に向かって突き当たり手前を右折。