神奈川 電源開発前護岸

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

電源開発前護岸(でんげんかいはつまえごがん)


目次

特徴


離岸桟橋を挟んで反対側に 磯子海づり施設がある、護岸は全長50mも無い小さな護岸。

水深は3~6mで100mほど沖でも10mぐらいとゆるやかな勾配がついている、手前はガレ場だが沖では砂地があり投げ釣りも楽しめる。

常にコマセが入っていて【離岸桟橋周辺】が住処となっているのかクロダイ、メジナの魚影が濃くてウキフカセ釣りで専門に狙う人もいる。

【護岸右手側】は温排水口があり投げ釣りなら沖にあるブイを目印として狙える、【護岸中央側】なら遠投でカレイ、アイナメを狙おう。

根掛りやヒトデ、カニなどの外道は多いが良型のカレイ、アイナメの実績が高いのでエサや仕掛けは多めに持っていっこう。

主なターゲットはクロダイ、メジナ、カレイ、アイナメ。


シーズン


夏~秋 クロダイメジナハゼマゴチ、メゴチ。

冬~春 カレイシロギスメバルアイナメカサゴ


釣り方・仕掛け


投げ釣り、チョイ投げ、ウキ釣りウキフカセ釣り、フカセ釣りエギング


ポイント


【離岸桟橋周辺】 クロダイ、メジナ。

【護岸中央側】 カレイ、ハゼ。

【護岸右手側】カレイ、アイナメ、ハゼ。


豆知識


船釣りで少し沖にでるとアオリイカの釣果が上がっているので岸からエギングで狙う人も増えている。

磯子海づり施設とは違いこちら側にはフェンスが無いので安全には注意して欲しい、離岸桟橋は立入禁止エリアとなっている。

隣の磯子海づり施設にトイレあり、その際に100円の見学料を支払うと施設内の売店が利用可能。


アクセス


電車の場合、JR根岸線・根岸駅または磯子駅からバス利用、「でんぱつ前」で下車し離岸桟橋右手側。