淡路島 津名港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

淡路島 津名港(あわじしま つなこう)



目次

特徴


津名港は生穂新島と志穂新島に囲まれた大きな港。

港内ではカレイなどをメインに高い実績があることで知られている。

ほかにも志筑川の河口でもベイトの寄りがあれば、シーバスが釣れる。

志穂新島では、外側の広大なテトラ帯がズラリと並ぶ。

もちろん突堤の先端周辺や護岸の曲がり角などが好ポイントとなってくる。

ここでもかなりの魚種が釣れることで知られているため、回遊魚の大型狙いか、

タチウオやシーバス、アオリイカなどのソルトルアースタイルかなど予め狙いを定めて徹底的に攻めてみるのもいいだろう。


シーズン


春・夏場は投げ釣りブッコミ釣り、[[エギング]]、サビキ釣りエビまき釣りカレイシーバスアジアオリイカメバルクロダイ

秋・冬場はアイナメカサゴメバルカレイタチウオカンダイルアー釣り穴釣り投げ釣りフカセ釣り前打ちで釣れる。


釣り方・仕掛け


穴釣りブッコミ釣りサビキ釣り投げ釣りルアー釣りエギングフカセ釣りエビまき釣りがメイン。


ポイント


基本的には津名港では突堤の先端周辺、河口、ミオ筋など潮通しの良いところだろう。

志穂漁港では外側の護岸がメインだが、大きく突きだした突堤の先端周辺やテトラ帯もしっかりと探ろう。


マメ知識


ここではタチウオやカンダイ、チヌが釣れる。

ハマチなどの回遊魚も回ってくるので、アジやイワシなどが釣れている場合には、泳がせ釣りで攻めてみよう。

数、型ともに狙うことのできる一級ポイントなので、色々な仕掛けを持参して狙ってみるのもよいかもしれない。

安全のために、ライフジャケットは必ず着用しましょう。


アクセス


津名一宮ICを降りて東へ。

国道28号線石神をさらに東で淡路島 津名港