淡路島 岩屋港周辺

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

淡路島 岩屋港周辺(あわじしま いわやこうしゅうへん)



目次

特徴


明石海峡大橋から岩屋港一帯にかけての釣り場。

橋のたもとの道の駅周辺ではトイレもあり便利だが、何より全体的に潮の流れがとても速く、釣りとしては非常にやりづらいポイントではある。

しかしながら、渡船利用にはなるが、沖の一文字堤を筆頭に魚影の濃さは文句ない。

アジやサバなどの回遊魚もさることながら、テトラポットでの穴釣りやソルトルアーでの釣り、投げ釣り、サビキ釣りなど釣り人に目移りさせるような大型魚までその魅力は耐えることがない。


シーズン


春・夏場は投げ釣りブッコミ釣りエギング

泳がせ釣りで[[クロダイ]]、マダイスズキカンダイシロギスアオリイカ、ハマチ、カツオ、イシモチメバル

秋・冬場はクロダイカサゴメバルルアー釣りフカセ釣りで釣れる。


釣り方・仕掛け


フカセ釣りブッコミ釣り、[[サビキ釣り]]、投げ釣りルアー釣りエギングがメイン。


ポイント


一文字堤防をメインに潮通しの良いところ、堤防の両端、テトラポットの穴や前などが主なポイントとなる。


マメ知識


カンダイ狙いならば、ユムシ、クロダイならば、フカセ釣りがおもしろい。

エギングでのアオリイカ狙いもおもしろいし、泳がせ釣りでの大型の回遊魚も釣れるので、一本仕掛けを投げておくのも面白い。

やはり朝マズメ夕マズメは特に大型の実績が高い。

安全のために、ライフジャケットは必ず着用しましょう。


アクセス


淡路ICを降りて国道28号線を北へ約5分で淡路島の岩屋へ。

岩屋一文字堤への渡船利用の場合には、中鹿渡船0799-72-5077