洲崎北港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

洲崎北港(すのさききたこう)


目次

特徴


千葉県の南房にある小さな港。港の西側の磯は水深もあり藻が広がっている。

西岬の先端、洲先を挟むような形で洲崎北港洲崎西港の2の港がある。

周辺には磯釣りの有名ポイントが数多く控えているもので堤防そのものは釣り場としてはマイナー。

陸っぱりよりもむしろ遊漁船の出航場所として知られている。

堤防はいずれも浅い岩礁帯と砂地の入り交じった地形上にある。

主なターゲットはクロダイ、メジナ、ウミタナゴ、シーバス。

釣り場の規模こそ小さいものの入釣すればのんびりと楽しめる。


シーズン


春 クロダイ、カイズ、メジナウミタナゴシロギス

夏 クロダイ、カイズ、シロギス

秋 クロダイ、カイズ、メジナウミタナゴシロギス

冬 クロダイ、カイズ、メジナウミタナゴ


釣り方・仕掛け


クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。

シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ

シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。

ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り

メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ

アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー


コツ


アオリイカ】 堤防から西の磯に遠投しアマモ周辺を探る。堤防先端部、港西側の磯がポイントとなる。

【ウミタナゴ】 岸壁がポイント、水深が浅いため潮に濁りの入る3月以降~初冬までが狙い目。

        アマエビに配合エサで濁りをプラスしたコマセが有効となる。


ポイント


西岬の館山湾側に位置するため比較的波は穏やか。

【岸壁】と【堤防】が主なポイントとなり所々にツブ根が点在しているものの

水深は全般に浅いためなるべく港口寄りに釣り座を構えると良い。


【岸壁】 足場良くウミタナゴなどと遊ぶには好ポイント。

     浅場なので自分の姿を映さないように気を配りながら静かに攻めると良い。

【堤防】 ウキでクロダイ、メジナ。投げでシロギスも狙える。いずれも先端が好ポイントとなる。

     秋は港無い側でもクロダイ、カイズが釣れてくる。投げの場合は先端からやや右沖を狙うと良い。

     6~7月がトップシーズンとなる。


豆知識


近くに有料駐車場あり。(1日500円)


アクセス


館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、富浦ICで下車し国道127号線を館山方面へ。