正海ノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

正海ノット  

動画でわかりやすく解説


正海ノットを使用する状況は?

ソルトウォーター界のパイオニア村越正海氏が考案したノットです。


リーダーとPEライン同士をつなぐ結びとして、ルアーフィッシングにおいてよく使用されます。


強度もあり、簡単なので釣り場でのリーダーの接続も行いやすいです。


結び方をイラストで解説

画像:正海ノット1.JPG
図のようにビミニツイストエイトノットループでダブルラインを作り、リーダーを通します。

画像:正海ノットト2.JPG
リーダーをループの中に、もう一度通し巻きつけるます。

画像:正海ノット3.JPG
②の動作を繰り返し、8~10回ほど巻きつける。

画像:正海ノットト4.JPG
リーダーを引っ張り、PEラインがリーダーにきっちりと巻きつくようにします。

画像:正海ノット5.JPG
リーダーでPEラインを2本とも巻きつけます。

画像:正海ノット6.JPG
4~5回ほど巻きつけていきます。ユニノットと同じようになります。

画像:正海ノット7.JPG
リーダーと軸となるラインを締め込みます。

画像:正海ノット8.JPG
ラインの端と軸となるラインを強く締めこんで、結び目が一直線に仕上がれば完成です。