横浜沖堤 第一新堤・D突堤

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

横浜沖堤 第一新堤・D突堤(よこはまおきてい だいいちしんてい・でぃとってい)


目次

特徴


横浜沖堤で一番外側に位置する。

足場がよく初心者でも安心して釣りを楽しめる釣り場となっている。

夏はヘチ釣りでクロダイ、サビキで小アジ、イワシ、サッパ。冬場は投げ釣りでカレイ、アイナメ。一年中、ルアーでシーバスも狙える。

防波堤周囲の水深は8~12mほどで少し沖になげれば12~15mと深く潮通しはD突堤の内側以外は非常良く潮流はが早い。

D突堤から続くD埠頭の護岸は立入禁止エリアとなっている。

主なターゲットはクロダイ、シーバス、カサゴ、イワシ。


シーズン


春~夏 メバルアイナメカサゴハゼマゴチ、メゴチ。

夏~秋 クロダイシーバス、マダカ 、フッコ、セイゴ、アナゴ

秋~冬 カレイシロギスイシモチウミタナゴ


釣り方・仕掛け


投げ釣り、チョイ投げ、ルアーウキ釣り、船竿、サビキ釣りコマセ釣り


ポイント


【第一新堤】 クロダイ、シーバス、アナゴ、カサゴ、ウミタナゴ、ハゼ、メバル、メゴチ、アイナメ、カレイ、シロギス。

第一新堤は港の内と外問わずいずれも有望となっている、正面の本船航路側の深みは潮の流れがストレートに通るためか実績は少ない。

【D突堤】 クロダイ、シーバス、アナゴ、カサゴ、ハゼ、メバル、メゴチ、カレイ、シロギス、ウミタナゴ、アイナメ。

クロダイのヘチ釣りやアイナメなどは第一新堤とD突堤の間が狙い目、D突堤の内側ならカレイはシーズン通して実績あり、特に産卵後が狙い目となる。


アクセス


電車の場合、JR根岸線・桜木駅から市営バス利用、山本釣船店前を下車。

車の場合、首都高速山下ICを降りて山下埠頭方面出口へ行く、山下橋の信号を左折して橋を越えてすぐ左方向へ行くと渡船店(山本釣船店)。


問い合わせ


山本釣船店 TEL:045-622-0997

渡辺釣船店 TEL:045-622-8381

鈴木釣船店 TEL:045-621-4107