松崎新堤

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

松崎新堤(まつざきしんつつみ)


目次

特徴


国道136号線から出ている弁天島、俵島、ウ島のほぼ中央にある松崎港のすぐ北側の堤防。

海面までの距離も比較的低いうえ足場も良く広々とした釣り場で良型のクロダイが狙える。

ちなみに港内岸壁の水深は足下でも7m以上あり、堤防先端より深い。


シーズン


春 クロダイシロギスカサゴカワハギアジアオリイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、メバル

夏 アジシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、メッキ、イナダ。

秋 クロダイシロギスカサゴメジナカワハギアジアオリイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、メッキ、メバル、イナダ。

冬 メジナメバル


釣り方・仕掛け


メインはウキフカセ釣り、ダンゴ釣り、投げ釣りサビキ釣りエギング


クロダイ ウキフカセ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。

シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。

カサゴ 穴釣りヘチ釣り、チョイ投げ。

メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣り。

カワハギ サビキ釣り、ヘチ釣り、チョイ投げ。

アジ サビキ釣り、ウキ釣り

アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り

メッキ ルアーサビキ釣り、ウキ釣り

メバル ルアーサビキ釣り、ウキ釣り

イナダ ルアーカゴ釣り、サーフトローリング。


ポイント


【堤防先端】 潮が良く当たるため多彩な魚種が回遊してくる。

       足場はフラットなコンクリートで幅も約12mはある。

       長い竿を触れるのでカゴ、投げなどに最適なポイントとなっている。

【堤防中央】 堤防中央の外側は秋口からカゴ、サーフトローリングでイナダ、カンパチといった青物を狙える。

       投げでは80m以上投げられればシロギス、カワハギなどが高確率で釣れる。

       70m沖合まで海藻根が点在しているため気を緩めると根がかりが頻発するので注意。

【フェリー発着岸壁端】 長い堤防の手前で海面までの距離は低く釣りやすい。

            足下の水深は7.5mと最も深くサビキ、ヘチで多彩なターゲットを狙える。


コツ


クロダイはウ島寄りにむかってウキフカセ釣りやダンゴ釣りで狙える。

シロギスは投げ釣りで堤防先端付近から狙える。アオリイカはエギングで狙える。

堤防中間付近で夏頃にはサビキ釣りでアジやイワシが狙える。


マメ知識


ここは数年先にフェリーの離発着港となる予定。


駐車スペース:国道沿い海側に駐車スペースあり。収容台数は5台前後。港内への車両侵入は禁止となっている。

トイレ:国道沿いの駐車場脇にある。


アクセス


沼津方面から国道135号線を南下して、仁科を過ぎたところ。