東幡豆漁港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

東幡豆漁港


目次

特徴


比較的足場がよく水深もあるため釣りやすい。

トイレ有り。

ハゼ釣りにはうってつけのポイント。

ヒイカの実績としても知られているポイント。


シーズン


夏場は クロダイ、セイゴ、ハゼヒイカ

冬場は メバルアイナメ


釣り方・仕掛け


前打ち落とし込み釣り、探り釣り(ミャク釣り)。

ヒイカはエギの1~2号で堤防近くをゆっくり攻めると良い。


コツ


朝マズメ夕マズメを狙って、短時間に集中して徹底的に探ると良い。

初夏のヒイカ狙いの場合はコロッケサイズだが

堤防周辺にある常夜灯などに付いているベイトを追っていることが多いため

丹念に堤防周辺を探ること。


ポイント


赤灯堤先端、西堤先端。


その他のマメ知識


渡舟で沖堤へ行ける。

近くに潮干狩りできる場所もあるのでファミリーにもオススメ。


アクセス


国道247号線を西へ、「東幡豆上畑」信号を左折、突き当たりを左折。


結び方についてのイラスト解説


釣り ライン 結び方


そのほかの釣り場を探す


全国の釣り場を探す

ほかの愛知の釣り場を探す