新川・河口(しんかわ・かこう)

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

新川・河口(しんかわ・かこう)


目次

特徴


東海村を流れてひたちなか港の北側にあり海へと注ぐ新川の河口。

ひたちなか港を含めて立入禁止エリアによる大きな空白地帯が続いているなかで唯一の海辺まで一般道で入れる釣り場。

付近は戦後の一時期、米軍の対地射撃場として使われていただけに路肩には不発弾の跡などが見られ「細道ムード」に一興を添えている。

主なターゲットはイシモチ、ヒラメ、シーバス。


シーズン


春 イシモチ

夏 イシモチシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。

秋 イシモチヒラメシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ。

冬 ヒラメ


釣り方・仕掛け


イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ

ヒラメ 投げ釣り、ブッコミ釣り、ルアー


ポイント


【導流堤】 河口の左岸にある。イシモチ狙いのポイントで胴付き仕掛けで狙う地元の釣り師をチラホラと見かけれる。

      キャパシティは大きいとは言えず、狙いどころも沖に限定されてしまうため先客がいたら入釣をひかえるのがマナーとなる。

【砂浜】 原子力研究所の手前までは入れる北側に広がる砂浜。河口と同じで手前はごく浅いのでなるべく遠投したほうが良い。

     ルアーでシーバス、ヒラメが期待できる。


コツ


【イシモチ】 エサはアオイソメで良い。外道でセイゴ、フッコが掛かる。


豆知識


茨城県の中部、磯崎と額の間の海岸線は日本原子力東海発電所を筆頭に動力炉核燃料開発事業団、原子力研究所と

警戒度トップクラスの公的機関が占めているためほとんどが釣り立入禁止となっている。

釣り場へは国道245号線を新川橋北の信号を海岸方面へ曲がり、村松川を超えた後、細い道路を伝って入る。

釣り雑誌などではほとんど取り上げれたことが無い穴場、それゆえに実績のデータはほぼ無いに等しい。


駐車スペースあり。