新島・黒根港桟橋

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

新島・黒根港桟橋(にいじま・くろねこうさんばし)


目次

特徴


東京から150km離れた伊豆諸島のひとつ新島という。

島全体は周囲23kmの南北に細長い形状をしていて釣りができるエリアは北部に集中している。

黒根港は数少ない西部地区の釣り場で東海汽船が離着岸する玄関港で島内港の中でもっとも大きく長い。

主なターゲットはシロギス、カワハギ、イナダ。


シーズン


春 アカイカシロギスカワハギメジナ

夏 アカイカアジ、フエフキダイ、カンパチ、イナダ、ソウダガツオシロギスカワハギタカベ

秋 アジ、フエフキダイ、カンパチ、イナダ、ソウダガツオシロギスカワハギタカベイサキ

冬 メジナ


釣り方・仕掛け


アカイカ 電気ウキエギング

アジ ウキ釣りサビキ釣りカゴ釣り、ルアー

フエフキダイ ブッコミ釣り

カンパチ カゴ釣り、ルアー

イナダ カゴ釣り、ルアー

ソウダガツオ カゴ釣り、ルアー

シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。

カワハギ 投げ釣り、チョイ投げ、ヘチ釣り、サビキ釣り

タカベ ウキ釣りサビキ釣りカゴ釣り。

イサキ ウキ釣り電気ウキサビキ釣りカゴ釣り。

メジナ ウキ釣りサビキ釣りヘチ釣り、カゴ釣り。


ポイント


【左先端】 地内島に向かってまっすぐ延びる黒根港の桟橋の一番先端部分は潮が良く当たるため多彩な魚種が回遊して棲息している。

      水深は9~11mだが海底は砂地帯に海藻根が点在する地形のためシロギス、カワハギ、秋口からイナダなどの青物が回遊する。

      砂地帯に点々と岩礁帯の沈み根があり、磯魚の魚影が濃い。カサゴ、ソイなどの根魚は穴釣りが高実績。

      アジ、メジナ、イサキなどはウキフカセやカゴで狙うのが基本。

      最も沖に突き出している堤防の先端右角で潮通しが良く四季折々で多彩な魚が回遊してくる絶好のポイント。

      特に秋口からはメタルジグ、弓角などのルアーでイナダ、カンパチといった青物が高確率でヒットする。

      日没後では電気ウキのエサ釣りで良型アカイカが狙える。一発大物狙いならブッコミ釣りでフエフキダイが高実績となる。

【右先端】 東海汽船が離着岸する岸壁、水深は9mあり潮通しは良好。夜釣りでは初夏から電気ウキのアカイカが高確率。

      海底は砂地帯でシロギスやカワハギが多くヘチにはシマダイ、イサキ、メジナなどの小魚が年中群れている。

      ここも潮が当たる好ポイントでいろいろな魚が釣れ、水深は足下で約9m前後のサビキ釣りでアジ、タカベ。

      他にはヘチでシマダイやカワハギの魚影も濃い、カゴ釣りなら夏頃からソウダガツオ、ワカシ、サバなど簡単に釣れる。

      ウキフカセ釣りで良型メジナ、ニザダイが竿を絞り込み夜釣りでは憧れのフエフキダイ。

【右護岸】 右に短いテトラポットが入る場所。地元の釣り人はここで泳がせ釣りの生きエサとしてアジを釣ることが多い。

      潮が澄んでいるとコマセに反応してアジの他にイワシ、サバ、メジナ、タカベが群れで集結する姿が見れる。

      サビキ、ウキ、カゴなどコマセを使う釣りなら高確率で多彩な魚種を釣ることができる。

      ここは港の最も岸よりの岸壁、海底はほとんどが砂地帯で釣れる魚はシロギスが多い。

      型は季節によるが25cm近い良型が揃う、水深は浅いがチョイ投げで30cmから活発にエサを追う。

      ただし島内にはアオイソメなど虫エサを購入できる釣具店はないので持参釣ること。

      ガルプのサンドワームなど人工エサでも釣れるから予備のエサとして用意すると良い。


豆知識


駐車場:港内および周辺に駐車スペースあり。

トイレ:東海汽船待合所内、湯の浜露天風呂の付近、新島漁港出入口付近の3ヶ所。