新官港・豊浜港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

新官港・豊浜港(しんかこう・とよはまこう)


目次

特徴


かつて豊浜港と新官港は別々の港だったが拡張工事の繰り返しで現在はほぼ一体となった。

どちらも浅い岩礁帯の上に造られている港。

主なターゲットはクロダイ、メジナといった磯魚中心にアジ、サヨリなども狙える。


シーズン


春 クロダイ、カイズ、メジナアジ

夏 アジ

秋 クロダイ、カイズ、メジナアジサヨリ

冬 クロダイ、カイズ、メジナサヨリ


釣り方・仕掛け


クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。

アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

サヨリ ウキ、投げサビキ

アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー

メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ


コツ


アオリイカ】 点在する根や海藻を探る。


ポイント


【瀬戸堤】 高い防潮堤の陰に隠れその存在すらあまり知られていない穴場のポイント。

      先端付近は深いがそれ以外は干潮時に底が丸見えになってしまうほど浅い。

      ポイントは堤防の延長方向にいくつか入れられている沈みテトラの周り。

      クロダイのほかときに大型のメジナもヒットする。狙い目は満潮時前後。

【岸壁】 以前は豊浜港の船道があった所で周囲よりもやや深くなっている。

     春、秋はクロダイ、冬はメジナが狙えいずれも大型を期待できる。

     魚がかかると足下のテトラに突っ込もうとするので道糸を出さずに竿で強引にタメるようにした方が良い。

     タックルと仕掛けは通常よりもワンランク上のものを使いたい。

     メジナはノリエサも有効でアタリの数は減るが大型がヒットする可能性が高い。

【タンク前】 秋にダンゴ釣りでカイズが狙えるほか、初夏にはエギングでアオリイカがよく釣れる。

       漁船が供給のために接岸する際は邪魔にならないように注意しよう。

【新官港堤防】 先端は足場良く、新官港側では一番の人気ポイント。毎年、正月前後に大型のメジナが釣れる。

        メジナの当たりエサは日によって変わるため、付けエサはノリとオキアミの両方を用意したい。

        春と秋にはクロダイも有望で特に秋にはカイズの数釣りが楽しめる。

        外向きのテトラ帯は堤防と平行にミゾが入っており、ハエ根の際をウキで探るとクロダイ、メジナが狙える。

        また、冬場はサヨリ、春~秋にかけては夜釣りでアジも期待できる。

【駐車場下】 干潮時には海底が露出してしまうほど浅い場所だが大型のクロダイやメジナの実績は高い。

       潮位の高い夕マヅメが狙い目で点在する沈み根の周りを探るようにすると良い。


豆知識


有料駐車場あり。


アクセス


館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し国道127号線を勝山方面へ。