岩船港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

岩船港(いわふねこう)


目次

特徴


長年によって拡張工事が行われた結果、ここ数年で様変わりした港。

ここらへん一帯は浅い岩礁帯が沖まで続いている。

おかげでクロダイの魚影は非常に濃く、一年中狙える。

主なターゲットはクロダイ、アジ、アイナメ、ムラソイ、イシモチ、シーバス。


シーズン


春 クロダイメジナアジイシモチシーバス、ムラソイ。

夏 クロダイアジイシモチシーバス、ムラソイ。

秋 クロダイメジナアジイシモチシーバス、ムラソイ。

冬 クロダイメジナイシモチシーバス、ムラソイ。


釣り方・仕掛け


アジ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ釣りルアー

クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。

メジナ ウキ釣りヘチ釣り、カゴ釣り、サビキ釣り

イシモチ 投げ釣り、チョイ投げ。

シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ


ポイント


【岩船地蔵尊】 クロダイ、アイナメ、ムラソイを狙う。ブッコミ釣りがおすすめ。

        岩盤状の海底には沖から続くミゾが機重にも走っているので、そこへ仕掛けを入れてアタリを待つ。

        ただ、水深が非常に浅いので干潮時に海藻が邪魔をして釣りにくい。

        潮位が高い時間帯に入釣することと根掛かりに備えて仕掛けは中通しオモリを使ったシンプルなものにする事をおすすめする。

        もちろん、予備のオモリやハリは多めに持参した方が良い。

【右堤防】 沖に突き出した堤防でクロダイ、アジの好ポイント。

      クロダイは大型こそ少ないもののチンチン~カイズの数釣りを楽しめる。

      濁りが出てきて潮が沖へ払い出す時などは狙い目。フグが多いので対策も忘れずにしよう。

      アジは群れが入った時には数を望めるが日没直前に釣らなければその日は望み薄となる、カゴ釣りがベスト。

【船揚場周辺】 船揚場スロープの落ち込み部分がクロダインの回遊コースになっている。

        ここもフグが多いのでコマセは入れずに我慢強く付けエサだけで挑んだほうが良い。

        埋立地から延びた新堤防からはカゴでアジ。投げで船道を狙ってイシモチ。ウキでクロダイ。

        海面から5m以上あるのであまりおすすめは出来ない。

        テトラ帯の角はクロダイの実績が高いポイント。残念ながら大型は少ない。

        テトラ際から10mくらい先までを重点的に狙おう。


豆知識


有料トイレ(8~18時まで利用可、1回20円)、有料駐車場(1日400円)あり。