岩井袋港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

岩井袋港(いわいぶくろこう)


目次

特徴


西ヶ崎の南側に深く切れ込んだ入り江奥に位置する港。

周辺の釣り場に比べて水深があり、多くの魚が見られるのが特徴でポイントも多く人気の釣り場。

特にクロダイ釣りでは人気が高い、投げ釣りでのシロギスも大型が期待できる場所として古くから知られている。

最近ではエギングでアオリイカを狙う人も多い。


シーズン


春 クロダイ、カイズ、メジナシロギスアオリイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、アジ

夏 クロダイ、カイズ、メジナシロギスシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、アジ

秋 クロダイ、カイズ、メジナシロギスアオリイカシーバス、マダカ、フッコ、セイゴ、アジ

冬 クロダイ、カイズ、メジナ


釣り方・仕掛け


クロダイ ウキフカセ釣り、カゴ釣り、ヘチ釣り、ダンゴ釣り。

メジナ ウキ釣りカゴ釣り、サビキ

シロギス 投げ釣り、チョイ投げ。

アオリイカ ウキ釣りエギング、ヤエン。

シーバス ルアーブッコミ釣りウキ釣り電気ウキ

アジ ルアーウキ釣りカゴ釣り、ルアー

イナダ カゴ釣り、ルアー

カワハギ 投げ釣り、チョイ投げ、ヘチ釣り、サビキ釣り

ウミタナゴ ウキ釣りミャク釣りサビキ釣り


コツ


アオリイカ】 沖に広がる沈み根・海藻周りが狙い目。港内船着場、堤防、港南側の磯、港西側公園周辺の磯がポイント。


ポイント


【公園下】 西ヶ崎手前の地磯で人気の釣り場。すぐ沖に深場を擁しているため、春はどこよりも早くクロダイが釣れ始める。

      南寄りの強風が吹いて濁りが入り波っ気があるときは絶好の狙い目となる。

      秋~冬にかけてはメジナも面白く、内房では珍しい40cm超えの大型もヒットすることがある。

      また、年間を通して船道でシロギス、秋にはシーバスやイナダなどの回遊も見られる、春、秋はアオリイカも釣れる。

【小堤防】 公園下の対岸に位置しており定員は2~3名。足場は良くてクーラーに腰をかけてのんびりと釣りを楽しめる。

      ターゲットは基本的に公園下と同じだが大型のメジナの実績はこちらのほうが良い。

【石積場】 現在は使われていない積みだし護岸。足下から水深がありチョイ投げでシロギスやカワハギが釣れる。

      シロギスはほぼ周年釣れ、カワハギは秋がシーズンで小型の数釣りができる時もある。

      カワハギはアタリが小さいので市販の胴付き仕掛けで狙うと良い。

【船着場】 港内にちょこんと突き出している。ウキでウミタナゴや小アジなどを狙える。

      足場が良く海面からの高さも無いので釣りやすく秋の台風後などは入り江の奥までクロダイが入ってくる。

      そんな時はアジ狙いの細仕掛けにクロダイが食ってくることもある。

【岸壁】 港内の一番奥に位置する岸壁で足場良い。コマセと簡単なウキ仕掛けで釣りを楽しめるポイント。

     初夏~秋にかけてはコマセにウミタナゴ、小アジ、チョウチョウオ、スズメダイなどいろいろな魚が寄ってくる。


豆知識


駐車スペースあり。


アクセス


館山道・君津ICを下車、国道127号線から富津館山道に入り、鋸南富山ICで下車し交差点を勝山方面へ右折、国道127号線を左折。