大王崎灯台

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

大王崎灯台(だいおうざきとうだい)


目次

特徴


台風情報でもお馴染みの大王崎灯台である。

フカセ釣りエギング前打ち落とし込み投げ釣り穴釣りから何でもOKの釣りができる一級ポイント。

周辺は大突堤を中心としながらも、地磯やテトラポットなど多くのポイントがズラリ。

根魚からクロダイメジナ青物さらにはイシダイの大物が掛かることでも知られている。



シーズン


春・夏場は投げ釣りシロギススズキアオリイカクロダイ

秋・冬場はカレイメジナアオリイカアイナメカサゴメバル投げ釣りルアーフカセ釣りエギングで釣れる。


釣り方・仕掛け


投げ釣りルアーフカセ釣りエギング前打ち落とし込み、アジング、メバリング、穴釣り泳がせ釣り


ポイント


波切神社の大突堤外側のテトラポット一帯はもちろんのこと、先端周りでは、超一級ポイントで知られている。

また、北堤防のテトラ帯や沖のシモリ付近でも根魚が狙える。


マメ知識


水深も深めのポイントなので、大型の魚も出やすいので、万全のタックルで勝負しよう。

また、過去に外側テトラで事故が発生したため、そこでは夜釣りが禁止されているので、注意しましょう。

また、アイゴなどの危険な魚もよく釣れるので、取り扱いには要注意。


アクセス


R260大王町から大王崎灯台方面へ。