九鬼漁港

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

九鬼漁港(くきぎょこう)


目次

特徴


大きく入り組んだ湾港で、ひっそりとした雰囲気であるが、全体的に水深が深いため、

大型の魚はもちろん、豊富な魚種が釣れることで知られている。

地形の構造上、風も抑えられるし、基本ベタ凪なので、釣りやすいポイントで、投げ釣りからルアー釣りまで、押えの釣り場としても重宝する、一級ポイント。

深夜は獣に注意。

シーズン


春・夏場は投げ釣りブッコミ釣りフカセ釣りクロダイマダイスズキマゴチシロギスアオリイカ泳がせ釣りヒラメ根魚

秋・冬場はクロダイヒラメカサゴ投げ釣りフカセ釣りブッコミ釣り泳がせ釣りで釣れる。


釣り方・仕掛け


フカセ釣りブッコミ釣り投げ釣りルアー釣りエギング、紀州釣り、泳がせ釣り、サビキ釣り、ボート釣り。

ポイント


九鬼駅前、網干し場前、魚市場前がメインのポイントだが、九鬼駅前の流れ込みと九鬼漁港の流れ込みもチェックが必要。

しかし最近は釣り人のマナーの問題(火の後始末をしなくて漁の網が炎上、敷地内でキャンピングカーで寝泊りなどなど)で、網干し場は一部を除いて立ち入り禁止、釣り禁止となっている。

冬でも多くのベイトまり、大型のフィッシュイーターの実績が高い。

また、40cmオーバーのマダイなども実績が高い。

マメ知識


エギングでのアオリイカ狙いもおもしろいし、泳がせ釣りでの大型の根魚も釣れるので、

一本仕掛けを投げておくのも面白い。

水深が深いところでは、意外な大物も掛かることがあるので、タックルは万全の体制で臨みましょう。

水深がある程度ある所では、中通しおもりや小さめの天秤にアオイソメやオキアミで、足元に落とし込むだけでベラ、カサゴなどが手軽に釣れる。餌をキビナゴやアジの切り身に限定すれば大型のカサゴも狙える。ただし昼はキタマクラ、夜はネンブツダイの餌取り合戦になる。ネンブツダイは仕掛けを底につけておけば食わない。

湾の最奥部でもチョイ投げでキスが30cmクラスまで狙える。

アクセス


R42を尾鷲方面へ、R311を九鬼方面へ