マハタ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

マハタは、スズキ目ハタ科に分類される魚。


目次

特徴


後鼻孔が大きく、体は暗褐色で7本の黒褐色の横帯がある。

横帯は老成化すると消失し、クエの老成魚とそっくりになる。

尾ビレの後縁が白い。

全長90㎝。

地方名はアラ、スジアク、ハタ、マス、アーラミーバイなど。


シーズン


1年中。


釣り方・仕掛け


磯、沖。

根魚狙いでの五目釣りの仕掛けにメバルカサゴ、ムツなどとともにかかってくることが多い。

大物狙いの釣りに人気が高い。



釣りスポット


日本海側で新潟県以南、太平洋側で福島県以南に見られ、インド洋にまで分布する。

沿岸の水深100mくらいまでのやや深場の岩礁域に生息。

肉食性で主に夜に単独で活発に活動する。



美味しい食べ方


市場での値段が高い高級魚。

新鮮なものは刺し身に、その他煮物や鍋物にして食す。