マイワシ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

画像:マイワシ01.jpg


マイワシは、ニシン目ニシン亜科に分類される魚。

目次

特徴


体側に並んだ黒点が特徴のイワシの代表種。

黒点は普通1列か2列だが、その上下にさらに1列の小黒点が見られることもある。

体長35mmくらいまでの稚魚をマシラス、4~5㎝のものをカエリまたはアオコ、6~9㎝を小羽、10~15㎝を中羽、20㎝程度のものを大羽と呼ぶ。

地方名はヒラゴ、ヒラデ。


シーズン


1年中釣れるが、ベストシーズンは12~3月。


釣り方・仕掛け


堤防や船からサビキ仕掛けで狙うのが一般的。群れに当たれば、数釣りが楽しめる。



釣りスポット


日本各地の沿岸と東シナ海。

表層から中層を群泳し、主にプランクトンを食べている。


美味しい食べ方


食味の旬は8~10月の夏から秋。中羽クラスをメザシに、脂ののった大羽を刺し身、たたきに用いる。

新鮮なイワシは塩焼きに。鮮度がいいほど味が良い。栄養もあり、特にビタミンDが豊富。


イワシのさつま揚げ

イワシのつくね焼き

マイワシのグラタン風