プレイテッドスプライス

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

三つ編み結び(プレイテッドスプライス)

動画でわかりやすく解説

  

三つ編み結び(プレイテッドスプライス)を使用する状況は?

滑りやすいPEラインをダブルラインにする結びとして使われますが、ナイロンやフロロでも使用されます。

ダブルラインをすることでライン強度が更に強力になるため、大物釣りをする方は是非覚えておきましょう。

トローリングの際にも使用される程、信頼度の高いラインシステムです。


結び方をイラストで解説

画像:プレイテッドスプライス1.JPG
ある程度の長さを取り、ラインの端で図のようにループを作ります。

画像:プレイテッドスプライス2.JPG
①のループの右側のラインを図のように交差させます。

画像:プレイテッドスプライス3.JPG
次に②で出来た一番左のループラインを図のように交差させます。

画像:プレイテッドスプライス4.JPG
②、③を繰り返していきます。一回一回丁寧にラインテンションを保ちながら編みこんでいくようにしましょう。

画像:プレイテッドスプライス5.JPG
3~5cmほど編み込んだら、図のようにハーフヒッチを行います。

画像:プレイテッドスプライス6.JPG
今度はダブルライン全体を束ねるように、ハーフヒッチを行います。

画像:プレイテッドスプライス7.JPG
ハーフヒッチを5回ほど行います。

画像:プレイテッドスプライス8.JPG
しっかりとラインを強く締めこんだら、余分なラインをカットして完成です。


※編みこむ部分を一回一回緩まないように、常にライン全体にテンションをかけた状態をキープするときれいに、強度も安定して結べます。