ブラクリ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ブラクリ釣り(ぶらくりつり)

軽い重りに短いヒモ1本に針がついているだけ。

アイナメメバルカサゴなどを釣る際に使用する。

単純な仕掛けだけに引き味はすばらしく、病み付きになる可能性大。

餌はアオイソメイワイソメなどをつけ、湾内の岩場やテトラポット周辺の場所を探るように釣る。

根が多い、複雑な海底を攻めるのに非常に有効な釣り方。



そもそも、根魚は上から落ちてくるエサに対して非常に興味を持つ傾向があるため、

蛍光カラーや原色系のブラクリやブラーというエサ釣りとルアー釣りの強みをもった攻撃的な釣りも最近では流行ってきている。

あとはできるだけ軽い負荷のオモリをつけることで、エサを自然に落とし込んでいくことがポイント。

仕掛けが底に着底したら、サオ先で軽く2.3回持ち上げてやり、誘いをかけて待つ。

それを繰り返していくと、アタリが出る。

アタリがなければ、サオ1本分ほど、移動してまた一連の動作を繰り返していく。

アタリはコンコン、ググっと引き込むようなものなので、そのときにはサオを大きく立てながら、アワセると良い。