ハングマンズノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ハングマンズノット   

動画でわかりやすく解説

ハングズマンノットを使用する状況は?

ルアーなどの金具に結束させるラインの結び方の一種です。

比較的簡単に早く作ることが出来きるので釣り場で重宝します。

強度的にも優れるので、是非覚えておきたいノットです。

結び方をイラストで解説

画像:ハングマンズノット1.JPG
20~30cmくらいのアソビを持たせ、ループを作ります。 ルアーのアイにラインを通し、ルアーをぶらさげるようにしてラインを持ちます。

画像:ハングマンズノット2.JPG
先端のラインで2本のラインを一緒に巻き付けていきます。

画像:ハングマンズノット3.JPG
5~6回ほど巻き付けます。

画像:ハングマンズノット4.JPG
①で最初に指で作ったループの中にラインの先端を通します。

画像:ハングマンズノット5.JPG
ラインの端を押さえながら、軸となるラインをゆっくりと締め込んでいきます。

画像:ハングマンズノット6.JPG
最後に余分なラインをカットして完成です。


※サルカンなどに結びつけるというよりはルアーなどの重みのあるものでよく使われる結び方です。

※締めこむ際は摩擦熱による強度の低下を防ぐため、結び目を湿らせてゆっくりと締め込むよう気をつけましょう。