ハゼ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ハゼ(鯊、沙魚)は、硬骨魚綱・スズキ目・ハゼ亜目(Gobioidei)に分類される魚の総称。

画像:マハゼ.jpg

マハゼ



画像:Haze.jpg


特徴


よく釣りの対象魚として言っているハゼとはマハゼのことを指す。

2100種類以上が全世界の淡水域、汽水域、浅い海水域のあらゆる環境に生息し、もっとも繁栄している魚のひとつである。

都市部の河川、河口や海岸、砂泥地にも多く、多くの人々にとって身近な魚に挙げられる。

成体の体長は1cm足らずのゴマハゼから、50cmを超えるハゼクチまで種類によって差があるが、

よく見られるヨシノボリ、アゴハゼ、マハゼなどはいずれも5-15cmほどの小魚である。

なお、ゴマハゼの仲間は日本最小の脊椎動物である。

稚魚はデキハゼと呼び、砂泥地などの浅場に数多く生息している。

体の断面はまんじゅう形か円形で、水底に接して生活する底生魚が多い。

ひれは体に対して大きめなこと、背びれが2つあること、2つの腹びれが融合して吸盤状になっていることなどが特徴である。

この腹びれで水底や壁に貼りつくことができ、水の流れが速い環境でも水に流されず生息できる。

ただし背びれが 1つしかないミミズハゼやシロウオ、腹びれが吸盤状でないドンコやカワアナゴなどもいる。

速く泳ぐ時は他の魚のように尾びれを振って泳ぐが、ふつうはおもに胸びれを大きくはばたかせることで泳ぐ。

長い距離を持続的に泳ぐことは苦手で、短い距離をサッと泳ぐことの繰り返しで移動する。

ただし水の中層でホバリングするように泳ぐキヌバリ、ウキゴリ、ドロメ、シロウオなどもいる。

またトビハゼやムツゴロウは水中を泳ぐことは少なく、胸びれを使って干潟の上を這って生活する特殊な魚である。

運動能力の低い底生魚ゆえ、体色は砂底や岩の色に合わせた保護色となっているものが多い。

ただし温暖な海にはキヌバリ、イトヒキハゼ、ハタタテハゼなど派手な体色をもったハゼも生息する。

シロウオなど透明な体色のものもいる。



釣り方


内湾の汽水域の浅い水深で釣れるのが夏。

小さな重りをつけた投げ釣り、ウキ釣りと仕掛けはなんでもよい。

むしろ餌の付け方をていねいにするのがコツといえばコツか?

あえて言うならば、エサは底を這うようにしてヨブやカケアガリなどの変化のあるところを狙おう。


食べ方


関東で獲れるものは、なんといっても夏から秋がうまい。

晩秋から冬にかけては産卵期にあたり身がやや柔らかい。

意外に鮮度が落ちやすいので刺身にするならしっかり締めたものか、出来れば活魚。

夏なら活けのものを薄造りに、これが最高の味わい。

また美しい白身は椀ものに使ったり、潮汁が透明なさらっとした脂を浮かせて、上品な逸品になる。

あとはしょうゆとの相性がいいので、しょうゆダレを塗ながら焼く、木の芽焼き、唐揚げもうまい。


ハゼのてんぷら

ハゼの柳川