ノーネームノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ノーネームノット   

動画でわかりやすく解説

  

ノーネームノットを使用する状況は?

FGノットと同じような摩擦系ノットで、別名八の字ぐるぐる結びなどとも言われ、ルアーフィッシングで使用する事が多いノットです。

結び目が小さいためキャスト時の引っかかりも少なく、慣れると素早く完成出来るため使用者もよく見かけます。

強度にも定評があるので余裕のあるソルトルアーアングラーはぜひマスターしましょう。

結び方をイラストで解説

画像:ノーネームノット1.JPG
リーダーの先端15cm前後で八の字結びを緩めに作ります。

画像:ノーネームノット2.JPG
リーダーの先端側からPEラインの先端をループの中に通します。

画像:ノーネームノット3.JPG
PEラインをリーダーに10回ほど巻き付けます。

画像:ノーネームノット4.JPG
ハーフヒッチで少し締め、仮止めを行います。

画像:ノーネームノット5.JPG
折り返して逆方向に➂と同じ回数巻きつけを行います。

画像:ノーネームノット6.JPG
巻きつけたPEラインの先端を②と同じ要領でループの中に通します。

画像:ノーネームノット7.JPG
しっかりと各ラインをフォローしながら、ゆっくり締めていきます。 ※結び目のコブが曲がらないように注意。

画像:ノーネームノット8.JPG
メインのPEラインとリーダーを合わせ、ハーフヒッチを6~8回ほど行います。

画像:ノーネームノット9.JPG
リーダーの余分なラインをカットします。

画像:ノーネームノット10.JPG
さらに、メインのPEラインにハーフヒッチを行っていきます。

画像:ノーネームノット11.JPG
ハーフヒッチを3~5回ほど繰り返します。

画像:ノーネームノット12.JPG
最後に締め込みをしっかり行い、余分なラインをカットして完成です。

※締めこむ際は摩擦熱による強度の低下を防ぐため、結び目を湿らせてゆっくりと締め込むよう気をつけましょう。