ノート:漁業法

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

昭和24年12月15日公布

最終改正 平成17年7月26日

第一章から第十章及び附則と第1条から第146条からなる法律。

漁業法は漁業の生産に関する基本的なことを定め、水面を総合的に利用して漁業生産力を発展させ、あわせて漁業の民主化を図ることを目的としたものです。

漁業法では、漁業権、漁業調整等に関する事項が定められており、漁業者以外の人でも海や河川、湖沼等の公共の水面を利用するという点で深く関わっています。

(以上参考資料。. Admin様お一人での編集大変かと思い、ちょっとしたおせっかいです。もし利用価値があるようでしたらお使いください。)


shiroさん、参考資料ありがとうございます。

ご配慮いただき、とても助かります!

早速、使わせていただきました。

まずは御礼まで。


遅くまでご苦労様でした。(Shiro)


(2009/7/8 Shiro)

以下の項目を加筆いたしました。

「補足:遊魚に関する事項(以下、漁業法 第八章 内水面漁業 第129条 写し)」