ノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ノット

ノットとは直訳すると「結び目」という意味です。

釣りの中ではラインとライン、ラインと金具やルアーを結束させる結び方を総称してノットと言います。


<また、ノットという言葉の由来は、かつて船の速さを測るのに、等間隔に結んだ紐を水中に投下し、砂時計が落ちきるまでに流した紐の結び目 (knot) を数えたことによるものである。> 

※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


様々なノット(結び方)が存在するので、自分にとって必要かつ最低限のノットを覚えるようにしましょう。

慣れてきたら高等なノットも覚えることで、よりたくさんのターゲットや釣り方に対応することも出来るようになり、釣果にも繋がってきます。

様々な状況、タックルバランス、自分がどんな釣りを行うかで必要なものを身につけていきましょう。