ネイルレスネイルノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ネイルレスネイルノット

動画でわかりやすく解説

    


ネイルレスネイルノットを使用する状況は?

素材の異なるライン同士を直結つなぐ結びとして知らています。

フライラインとリーダーを結ぶ際によく使われるので、フライアングラーはぜひマスターしましょう。

結び方をイラストで解説

画像:ネイルレスネイルノット1.JPG
20~30cmくらいのリーダーの長さで、図のようにループを作ります。

画像:ネイルレスネイルノット2.JPG
リーダーの先端をユニノットを作るように、メインラインに巻いていきます。

画像:ネイルレスネイルノット3.JPG
②で作った結び目をラインの端を抑えながらワザと崩します。

画像:ネイルレスネイルノット4.JPG
次に、左側のラインの端で巻き付けます。

画像:ネイルレスネイルノット5.JPG
図のように最初に作った右側の輪の中にラインの端を通していきます。

画像:ネイルレスネイルノット6.JPG
ラインの乱れたヨレを戻しつつ、確実にラインの端を締め込んでいきます。

画像:ネイルレスネイルノット7.JPG
スプリング状にきれいに巻きつくようラインの端を締めみ、軽く仮止め状態でキープします。

画像:ネイルレスネイルノット8.JPG
結び目を作りたい位置までズラし、ラインの端と軸となるラインを強く締め完成です。