ナマズ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

画像:ナマズ01.jpg




ナマズは、ナマズ目ナマズ科、あるいはコイ目ナマズ亜目ナマズ科に属する淡水魚。

目次

特徴


ウロコがなく、体全体が粘液で覆われておりぬめりがある。

2対の口ヒゲを持つ。

全長50cmほど。

ルアー釣りをすると60cmがアベレージ70を超えると人に威張れるサイズ。

80cmを超えるとモンスターサイズです。

ブログに記事を書いて大いに威張れるクラスです。 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナマズ(鯰、学名:Silurus asotus)は、ナマズ目ナマズ科に属する硬骨魚類の一種。

日本・中国・朝鮮半島・台湾など、東アジアの河川や湖沼に生息する淡水魚である。

日本では別名としてマナマズ、琵琶湖周辺地域での地方名としてヘコキとも呼ばれる。

ナマズ(S. asotus、以降本種のみを指す場合は「マナマズ」と表記する)は

日本に分布する3種類のナマズ属魚類の一種である。

他の2種(ビワコオオナマズ、イワトコナマズ)が琵琶湖と関連水系のみに生息する日本固有種であるのに対し、

マナマズの分布は東アジア全域にわたり、

日本においても現代では沖縄を除く全国各地の淡水域に幅広く分布している。

大きな体をくねらせてゆったりと泳ぎ、扁平な頭部と長い口ヒゲ、貪欲な食性を特徴とする本種は、

マナマズの外観は大きく扁平な頭部と幅広い口、および長い口ヒゲによって特徴付けられ、

これらはナマズ目の魚類全般に共通する特徴である。

体は全体的に左右に平たく側扁するが、頭部は上下につぶれたように縦扁している。

鱗がなく、体表はぬるぬるとした粘液で覆われている。

目は小さく背側寄りについており、腹側からは見えない(イワトコナマズの目は側面寄りで、腹側から見える)。

体色や斑紋は変異に富み、個体によってさまざまである。

全長60cm程度にまで成長し、一般に雌の方がやや大きい。

口ヒゲは上顎と下顎に1対ずつ、計4本ある。

仔魚の段階では下顎にもう1対あり、計6本の口ヒゲをもつが、成長につれ消失する。

下顎は上顎よりもわずかに長く突き出す。

背鰭は小さいが(4-6軟条)、臀鰭の基底は非常に長く(71-85軟条)、尾鰭と連続する。

外見だけで雌雄を鑑別することは難しいが、雄の尾鰭は中央部がやや凹んでいる。

古代から食用魚として漁獲されたほか、さまざまな文化に取り入れられた歴史をもつ。

日本では中世以降地震と関連付けられ、浮世絵をはじめとする絵画の題材にされるなどして、

人間との関わりを深めてきた。


シーズン


5月~10月

3月位から釣れ出しますが、水温に敏感です。

下記に適水温が表記されてますので参考にされたし。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。

感覚器として発達した口ヒゲを利用して餌を探し、

ドジョウやタナゴなどの小魚、エビなどの甲殻類、昆虫、カエルなどの小動物を捕食する。

日本の淡水域の生態系では、食物連鎖の上位に位置するとみられる。

一般的な活動水温は10-30℃の範囲とされ[5]、冬期は泥の中や岩の間に隠れ、ほとんど動かない。

日本での繁殖期は5-6月が中心である。

この時期になると群れをなして水田や湖岸など浅い水域に集まり、

雄が雌の体に巻きつくという独特の繁殖行動の後、水草や水底に産卵する。

卵の大きさは約3mmで黄緑色をしており、およそ2-3日で孵化する。

仔魚は孵化の翌日にはミジンコなどの餌をとるようになり、

個体密度が高い場合は仲間の仔魚にも攻撃を加えるなど共食いが起こる。

雄は2年、雌は3年程度で性成熟に達する。

釣り方・仕掛け


カエルをエサにしたポカン釣り。

ルアーで釣る場合はスプーンワームミノー、夜間時はノイジー等の音を出すトップウォーター系のプラグがよい。

ジタバグは最高のナマズ専用ルアーだが、改造と言う罠にハマると人生を棒に振ってしまう危険有り。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナマズを釣りの対象とする場合、その貪欲な性質を利用した「ぽかん釣り」と呼ばれる方法が用いられる。

ぽかん釣りでは小型のカエルを釣り餌として、

片足から吊り下げる形で釣り針に通して付け、水面で上下に動かすことでナマズを誘う。

ルアー釣りの場合は、夕方や朝まずめの時刻はスプーンやワーム、あるいはミノーを利用するとよい。

夜間にはノイジー等の音を出すトップウォーター系のプラグがよい。

餌を丸呑みにする性質があるので、針が喉の奥に刺さる場合が多く、針を抜くのが非常に困難である。

したがって、針のカエシを潰した(バーブレス)うえで、ペンチなどを利用すると針を抜きやすい。

昼にも釣ることができる。

コツ


エサを丸呑みするので、針を抜くのが困難になることがある。

針の返しを潰してペンチなどを利用すると簡単に針が抜ける。

バーブレスは絶対、抜けなくなると悲惨な事この上なし。

ルアー釣りになると不思議な事に、俄然釣れない魚の筆頭になる。

日本中のナマズ釣り師が躍起になって最高のセッティングを模索中。


釣りスポット


日本各地

中流・下流、湖沼、意外な所に生息している。


その他のマメ知識


夜行性で、昼間は物陰に潜んでいる。

水温が15℃以下になると捕食せず、水底や泥の中で動かなくなる。

現在はGoogleで周囲の地形などをシラミ潰しに探して温排水を探す猛者もいる。

見つかると年中狙える対象魚となる。

ナマズにとってははた迷惑。

「水を見たらルアーを投げる勇気」が最高のテク。