タケノコメバル

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

タケノコメバルは、カサゴ目フカカサゴ科に分類される魚。


画像:タケノコメバル.jpg


目次

特徴


体形は細長く、尾ビレが丸くなっている。

メバルの中では眼が小さい方で、口が大きいのが特徴。 

体の色は茶褐色で、全体に不規則な暗色の斑点がある。

体長は最大で40cm近くにもなり、メバルの仲間では大型の部類になる。

タケノコが美味しくなる時期からがシーズンであったり、タケノコの皮に模様が似ているなどから

名前の由来がきているとも言われている。

よく引くことでも知られており、代表的な根魚の1種でもあります。


シーズン


4~11月


釣り方・仕掛け


沿岸の岩礁帯に生息するため、メバル釣りで釣れる。

ソフトルアーなどのワームボトムを探ったり、

影になっているところをスローリトリーブすることで釣れる。

穴釣りをする場合、できる限り深いところへ仕掛けを落としこむことを意識すると良い。

大型ほど、より深い場所にいることが多い。


釣りスポット


沿岸の岩礁帯、藻場、テトラポット、捨石、石積み



美味しい食べ方


煮物、塩焼き、醤油焼き、刺し身



めばるの甘酢あんかけ


その他のマメ知識


調理の際に、鋭いエラブタで手を切らないように注意。