サワラのさばき方

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

サワラのさばき方(さわらのさばきかた)






①うろこを取る


最初に背びれや胸びれ・腹びれなどを切り取り、うろこを取ってください。

専用の道具や包丁の裏などでうろこの向きに逆らってこするように取ります。

※袋の中などでやると、うろこが飛び散りませんので、後片付けが楽です。


②はらわたを取り除く


まずはえらの付け根を切ってください。

つぎにのどの辺りに垂直に包丁を入れ、その切れ目から平行に包丁を入れ、腹を切っていきます。

腹が開きましたら、えらと一緒に内臓を取り除いてください。

取り除いたら、キレイに水洗いしてください。


③3枚におろす


※用途によって使い分けしてください。

胸びれからえらの形に沿って包丁をいれ、頭を切り取ってください。

頭の方から包丁を入れ、骨に沿って腹側を中骨まで切ってください。

次に頭の方から背中側に包丁を入れ、骨に沿って背中側を中骨まで切ってください。

尾の部分に切れ目をいれ、中骨に沿って包丁を滑らせ、身を切り落とします。

同様に、反対側も切り落とせば、3枚おろしの出来上がり♪


※なんとなく魚をさばくのは難しい気がしますが、やってみて慣れてくると意外と簡単です。

自分で釣った魚を自分でさばいて食べる、そうすればよりいっそう魚料理が美味しくなりますよ。

ちなみに、基本さばきかたはそれほど大差はないので、他の魚でもぜひチャレンジしてみてください。

参考魚:サワラ



関連リンク

サワラとプチトマトのスパケッティ

サワラと松茸のお吸い物

サワラのカレー包み

サワラの桜蒸し

サワラのトマトクリームソース

サワラの明太チーズ包み焼き

サワラの和風シュウマイ