クロソイ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

クロソイ


クロソイは、カサゴ目フサカサゴ科に分類される魚。

目次

特徴


体形はメバルに似ているが、暗灰色の体色で不規則な暗色斑が多数、密に散らばっている。

眼から斜め後方に向けて2本の黒色帯が走っているのも特徴となる。

体長は最大で50cmになる大型種。


シーズン


1年中釣獲可能だが、ベストシーズンは5・6月。



釣り方・仕掛け


水深30cmまでの沿岸の岩礁帯でよく見られ、主に夜間に活動する。

北 海道ではエラコやサンマの切り身を使った投げ釣りが盛ん。



釣りスポット


日本各地に分布しているが、特に北海道や三陸で多く見られる。


美味しい食べ方


新鮮なものを皮つきの松皮作りにする。

刺し身以外には塩焼きや煮物、味噌汁の具としても使用する。



その他のマメ知識


味はクロダイに似ていて、多少磯臭さがあるが、美味である。