クリンチノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

クリンチノット


動画でわかりやすく解説

 


クリンチノットを使用する状況は?

ラインとサルカンやスナップ、スイベル、ルアー等の金具に結ぶ際に使われる結び方では、最もポピュラーで使っている人も多い結び方です。

簡単な上に強度もあるので、初心者から上級者まで使います。

餌釣りからルアーフィッシングまで幅広い釣りに対応する結び方なので、覚えておきましょう。


画像:クリンチノット1.JPG]
スナップにラインを通したら、軸となるラインにライン先端側を5~6回ほど巻きつけていきます。

画像:クリンチノット2.JPG]
一番最初にできた輪の中にラインの先端をくぐらせます。

画像:クリンチノット3.JPG]
さらに②でできた輪の中に図のようにラインの先端を通します。

画像:クリンチノット4.JPG]
軸となるラインと先端部分をバランスよく締め込んでいきます。

画像:クリンチノット5.JPG
余分なラインをカットして完成です。



号数の太いラインほど結び目が緩まりやすいので注意が必要です。

また、締め込む時に結び目が緩むと強度も下がるので、綺麗な結び目を作るようにしていきます。

※締めこむ際は摩擦熱による強度の低下を防ぐため、結び目を湿らせてゆっくりと締め込むよう気をつけましょう。