キュウリ魚

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

きゅうり魚
きゅうり魚
(胡瓜魚、学名:Osmerus mordax dentex)は、サケ目キュウリウオ科キュウリウオ属の海水魚である。



目次

特徴


北海道沿岸をはじめ、日本海北部、オホーツク海、北太平洋の、おおむね北緯40度以北の冷水域に分布している。

漁獲したばかりの鮮魚の状態では、胡瓜に似た青臭いにおいがあるため、この和名がある。

シシャモに似ているが、それより大振りで、頭部は、下あごが突き出た「受け口」になっていて、下あごに円錐形の鋭い歯が数本ある。

鱗はシシャモより細かい。


シーズン


産卵期は晩春から初夏である。


釣り方・仕掛け


北海道ではサビキ釣りやサビキ仕掛けに餌(イソメ)を付けた仕掛けで釣る。


コツ


※書きかけの項目


釣りスポット


※書きかけの項目


その他のマメ知識


食味

きゅうり魚
きゅうり魚
北海道では「キュウリ」の愛称で市場に出回っており、焼き魚・唐揚げ・天ぷらなどに利用される。

癖のあるにおいのため、一般的には生食には向かないとも言われるが、釣り立ての鮮度の良いキュウリウオは、

皮をひいて刺身で食べると非常に美味しいとも言われる。

腹を開いて海水と同じ濃度の塩水に6時間付け、2〜3日外で寒干ししたものを焼くと非常に美味。

ししゃもに味がよく似ている。