オルブライトノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

オルブライトノット  


動画でわかりやすく解説


オルブライトノットを使用する状況は?

違う太さのライン同士をつなぐ場合などにおいてよく使用する結び方です。

フライフィッシングのシーンで見かけることが多いです。

その他の場面でも慣れると素早く結ぶことが出来るため活躍の場はありますが、慣れないとスッポ抜けが多いので注意が必要です。


結び方をイラストで解説

画像:オルブライトノット1.JPG
20~30cmほどラインの端を余分にとって、ライン同士を重ね合わせます。

画像:オルブライトノット2.JPG
片方のライン(もしくは細い方のライン)の端の1本を図のようにもう一方のライン(もしくは太い方のライン)に巻き付けていきます。

画像:オルブライトノット3.JPG
10回ほど巻きつけます。

画像:オルブライトノット4.JPG
②で出来た輪の中にラインの端を通します。



※⑥でカットしたラインの端をライターで炙って、先端にコブを作っておくと抜けにくくなります。