オオクチバス

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

画像:ブラックバス001.jpg

画像:ブラックバス002.jpg

画像:ブラックバス003.jpg

通称:ブラックバス

目次

特徴


赤星鉄馬がアメリカのカリフォルニア州からオオクチバスを持ち帰り、箱根の芦ノ湖に放流したのが最初とされている。

背中が緑色、腹が白から黄色がかっており、体側に黒い縦線がある。

全長40cm。 大型になると50cmを超え、「ランカーバス」と呼ばれる。

ベイトと呼ばれる小魚やカエルなど何でも食べる雑食としても知られる。

世界的にもゲームフィッシングの対象魚として大人気の魚であると同時に

各地で在来種の減少について議論も多い魚。

北米での報告によると、雌一匹当たりの抱卵数は2,000~145,000個であり、体サイズの大きな雌ほど多くの卵を産む。

<一部抜粋>環境省 外来生物法HP



シーズン


1年中

数釣り狙いであれば、秋がベスト。


画像:八郎潟01.jpg

釣り方・仕掛け


ルアーフィッシング(ハードルアーとソフトルアー)での釣り方が一般的で、エサ釣りでも狙える。

エサの場合はミミズや湖産エビなどが使われる。

コツ


気候や気温、水温、濁りなどあらゆる状況を考慮し、ストラクチャーと呼ばれる

杭の周辺やカケアガリ捨て石、流れ込み、などに付いていそうな場所に正確にキャストしていくこと。

また、その状況に合わせて、ルアーの大きさや形、カラーを選択し、状況に対応していくことが必要。

ルアー独自の動きに加え、アクションをつけることで、魚へのアピールを強めていく。

バスのエサとなるようなベイト(小魚)が多く集まるところを探し、

その魚に似たようなルアーを選択し、広範囲かつピンポイントに狙っていくと良い。

釣りスポット


日本各地

湖沼、池、下流



その他のマメ知識


外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)でコクチバスと共にオオクチバスは輸入・飼養・運搬・移殖を規制されている。


外来生物法 特定外来生物

外来生物法に該当する魚だからといって釣りが禁止というわけではありません。

生態系は、長い期間をかけて食う・食われるといったことを繰り返し、微妙なバランスのもとで成立しています。

ここに外来生物のように外から生物が侵入してくると、生態系のみならず、人間や、農林水産業まで、幅広くにわたって悪影響を及ぼす場合があります。

もちろん全ての外来生物が悪影響を及ぼすわけではなく、たいていの外来生物は自然のバランスの中に組み込まれ、大きな影響を与えずに順応してしまいます。

しかし、中には非常に大きな悪影響を及ぼすものもいます。

環境省によって特定外来生物に指定されており、飼育、栽培、保管及び運搬すること、輸入すること、野外へ放つ植える及びまくことが禁止されている。

釣りにおいても、持ち帰ることは「運搬の禁止」に該当するため注意が必要。

オオクチバスは、スズキ亜目サンフィッシュ科(バス科)オオクチバス属に分類される魚。

コクチバスと共に、通称ブラックバスと呼ばれることが多い。

各都道府県の規制状況
オオクチバスコクチバスブルーギル対象地域
再放流/生体での持ち出し再放流/生体での持ち出し再放流/生体での持ち出し
岩手県 禁止/禁止禁止/禁止禁止/禁止全域
宮城県 禁止/ - 禁止/ - 禁止/ - 全域
秋田県 禁止/ - 禁止/ - 禁止/ - 全域
栃木県 禁止/ - 禁止/ - 禁止/ - 全域
群馬県 - / - 禁止/禁止 - / - 全域
埼玉県 - / - 禁止/禁止 - / - 荒川、入間川、越辺川、有間川、神流川
神奈川県 ※禁止/禁止禁止/禁止禁止/禁止※芦ノ湖を除く
新潟県 禁止/ - 禁止/ - 禁止/ - 全域
山梨県 ※禁止/禁止禁止/禁止禁止/禁止※山中湖、河口湖、西湖を除く
長野県 - /禁止 - /禁止 - /禁止全域
滋賀県 禁止/ - 禁止/ - 禁止/ - 全域
佐賀県 ※禁止/ - - / - - / - ※北山ダム湖を除く


関連リンク

環境省 外来生物法HP

特定外来生物 オオクチバス