イソマグロ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

画像:イソマグロ.jpg



イソマグロは、スズキ目サバ科に分類される魚。

目次

特徴


体が細長く、尾ビレ側の側線が波状になっている。

クロマグロ、キワダ、ビンナガ、メバチなどのマグロと体形が似ているが別の属に分類される。

地方名はイソンボ、トカキン、タカキンなど。


シーズン


1年中。


釣り方・仕掛け


磯釣りのビックターゲットとして知られている。

小笠原諸島や伊豆諸島などの南方の離島で、ムロアジなどの生きエサを使った泳がせ釣りで大物を狙う。

大物は引きが強く、一人では耐え切れないほど。

釣りスポット


磯・沖。南日本やインド・西太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する。

沿岸表層性で20~30尾の群れでサンゴ礁域を回遊し、イワシ、サバ、ムロアジ、イカなどを捕食している。


美味しい食べ方


脂身が少なく淡白な味なので、焼き物、揚げ物などに向く。

赤身マグロの和風ユッケ

マグロのホホ肉の中華風味噌炒め煮

マグロのたたき・サラダ仕立て