イイダコ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

イイダコは、頭足類マダコ科に分類される魚。


目次

特徴


マダコに似ているが、皮膚は粒状の小突起で覆われている。

眼の下に金色の輪状紋と、眼の間に横長短形の金色紋がある。

体長も最大で30cmとマダコより小さい。

産卵を控えた雌が、体内にご飯粒のような卵を持つことから、イイダコ(飯蛸)の名前がついた。

穴に入る習性があり、海底のガラス瓶や貝殻を巣にする。


シーズン


晩秋から初冬にかけてが最盛期。


釣り方・仕掛け


軽めのオモリがついたイイダコテンヤにラッキョウなど白いものを付けて釣る。

マダコと同じように鳥のササミをテンヤに縛り付けて釣る事も可能。

やはりマダコと同じように海底を小突くように(たたく)ように仕掛けをアピールする。

重みがのったら、大きくアワセを入れて巻き上げる。



釣りスポット


北海道南部から九州の沿岸に生息し、内湾の砂底を好む。



美味しい食べ方


マダコよりもやや水っぽい。

旬は秋から冬。雌が卵を持っている時期が良い。

煮物、おでんの具。新鮮なものは塩揉み後に湯通しして刺し身や酢の物にする。