アオダイ

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

アオダイは、スズキ目フエダイ科に分類される魚。

目次

特徴


青みを帯びた体色で、背中の濃青色が美しい。

卵型の平たい体で、眼隔域が隆起し、胸ビレは長い鎌状。

上アゴにウロコがなく、体側に横帯を持たない。

全長は40~50cm前後。

地方名はアオゼ、チイキ、シューマチなど。


シーズン


4~11月。


釣り方・仕掛け


マダイ釣りなどの沖釣りのエサに食ってくることがあるが、専門で狙うことはない。

底延網や一本釣りで漁獲されることが多い。


釣りスポット


磯・沖。沖合いの100mよりも深い岩礁帯に生息し、若魚は磯でも見られることがある。

肉食性で小魚、小型甲殻類を捕食する。



美味しい食べ方


身が厚く締まった白身で、他のフエダイ科の魚同様、調理の幅が広い。

刺し身、煮物、揚げ物などに向く。