ブリ大根(ぶりだいこん)
①まずは大根の下ゆで
大根お好みの厚さで輪切りや半月状にし、やや厚めに皮をむく。
たっぷりの米の研ぎ汁で1時間ほど茹でる。
柔らかく茹で上がったら、そのまま茹で汁ごと冷まします。
ある程度冷めたら、今度は冷水で洗い、たっぷりの冷水にさらしておく。
②ぶりの下ごしらえ
ブリのアラを、タテ半分に兜割りにします。
次に、カマと頭の部分を切り分けぶつ切りにします。
粗塩(分量外)をたっぷりとふって、ざっと混ぜ合わせてから、水で洗い、
アラや内臓・血などを取り除きましょう。
お湯用意して、ぶつ切りにしたアラをザルなどにのせ、表面がほんのり“霜降り”状に白くなるまで
お湯をゆっくりと回しかけてください。
霜降りにしたあと丁寧に汚れや血を取り除いてください。
(これを怠ると臭みのあるまずいブリになるので必ず行ってください)
③煮込み♪
霜降りにしたアラをなべに入れ、酒1に対し水7~8を加えて、強火にかける。
沸騰したら火を中火にして、アクをとりましょう。

アクが出なくなるまでこまめにアクをとってください。
アクが出なくなったら、薄くスライスした生姜を加えます。
続いて、最初に準備した大根をいれ、さらに5分ほど中火で煮ます。
大根があったまったら、みりん・砂糖をお好みの分量で加え、さらに3分ほど煮る。
続いて醤油を加え、弱火にして落し蓋をして下さい。
そのまま1時間ほど煮れば、おいしいブリ大根の出来上がり。

関連リンク

ブリのさばき方
ブリのきのこたっぷりソテー
ブリのゆず風味焼き