ブラックバスのさばき方(ぶらっくばすのさばきかた)

基本とポイント

①包丁を背中側から入れるか、尻尾の向きかは特に気にしなくてもOK。
 背中側と腹側から、中骨に向かって包丁を入れて、腹骨(ろっ骨)が切れれば分かれます。
②少し生臭いなと思うバスは、捌く前に塩をふってこすり、水でぬめりを洗い流した後に、キッチンペーパ等で水をふき取ります。
③あまり生臭くなく、皮を剥ぐ場合は、鱗は取らなくてもOKです。
④白身魚は絞めてから、1,2日冷蔵保存すると蛋白質が分解されて、うまみ成分(イノシン)が形成されます。
⑤骨が硬いので、包丁はしっかりと研ぎましょう。
⑥料理の下ごしらえの時に切り身に塩をふって、しみ出てきた水分をキッチンペーパーでふき取ると、身がしまり、臭みも取れます。

クーラーボックスの中で、もがいて死んだバスは生臭くなります。食べるために釣ったバスは、その場で即死させて、尻尾と頭を切って血抜きをします。ブラックバスをその場で絞めるのは人目が気になりますが、魚は鮮度が命です。

尻の穴から腹を割いて、内臓を取り出して、ペットボトル等の水で腹を洗って、キッチンペーパーで水分を取り、袋に入れてクーラーボックスへ入れましょう。



a.胸ビレの所から出刃包丁を入れ、中骨の所まで切り込み、反対側も同じようにして頭を切り落とします。

b.尻の穴から頭に向かって腹を切って、内蔵を取り出します。水で腹の中を洗い、水気をキッチンペーパーでよく拭きます。

c.背ビレが下の切り身に残るように、頭の方から中骨に沿って切り込みます。この時に腹側の腹骨も切り離します。※バスが大きいときは、最初に軽く包丁の通り道を切っておくと綺麗に切れます。

d.バスの向きを変えて、尻尾の方から腹に向かって腹側を切り、2枚におろします。



e.おなじように、背ビレが下の切り身に残るように、尻尾の方から中骨に沿って切り込みます。この時に腹側の腹骨も切り離しときます。※この時もバスが大きいときは、最初に軽く包丁の通り道を切っておくと綺麗に切れます。

f.バスの向きを変えて、頭の方から尻尾に向かって腹側を切り、3枚におろします。

g.尻尾の付け根を皮を残して切り込みます。

h.ゆっくりと皮を切らないように皮を剥ぎます。 



i.腹骨を包丁で漉き取ります。小骨(血合い骨)が気になるならピンセットで抜くか、包丁で切り取ります。

j.切り身を水洗いして、キッチンペーパで水気をふき取ると完成です。

k.完成♪



[情報提供元:ブラックバス料理研究所]
参考魚:ブラックバス
※なんとなく魚をさばくのは難しい気がしますが、やってみて慣れてくると意外と簡単です。
自分で釣った魚を自分でさばいて食べる、そうすればよりいっそう魚料理が美味しくなりますよ。
ちなみに、基本さばきかたはそれほど大差はないので、他の魚でもぜひチャレンジしてみてください。

関連リンク

魚の締め方

ブラックバス料理

ブラックバスのアクアパッツア
ブラックバスの梅干煮
ブラックバスの蒲鉾
ブラックバスのカレー焼き
ブラックバスの燻製
ブラックバスの竜田揚げ
ブラックバスのタンドリー風
ブラックバスの竹輪
ブラックバスのチリソース炒め
ブラックバスのチリソース煮
ブラックバスの煮付け
ブラックバスのはんぺん
ブラックバスのフリッター
ブラックバスのホイル焼き
ブラックバスの味噌煮
ブラックバスのみりん焼き
ブラックバスのムニエル
ブラックバスのワサビマヨ和え
ブラックバスのわさび味噌和え

<魚やイカなどの活き締めのしかた>

魚の締め方
覚えておくとイザってときに便利です☆

<おいしく魚を食べる初級のさばき方>

アジのさばき方
サバのさばき方
さばき難易度は「初級」です☆

<おいしく魚を食べる中級のさばき方>

タイのさばき方
さばき難易度は「初級~中級」です☆

<大型の魚をさばいてみよう>

サケのさばき方
タラのさばき方
ブリのさばき方
さばき難易度は「中級~上級」です☆

<細長い魚のさばき方>

ウナギのさばき方
サヨリのさばき方
サンマのさばき方
タチウオのさばき方
さばき難易度は「中級~上級」です☆

<平たい魚のさばき方>

カレイのさばき方
ヒラメのさばき方
さばき難易度は「中級~上級」です☆

<絶品を味わうためのさばき方>

カワハギのさばき方
カワハギの肝和えは最高!
さばき難易度は「中級」です☆

<覚えておくと便利☆ イカ、タコのさばき方>

イカのさばき方
タコのさばき方
さばき難易度は「初級~中級」です☆

<ちょっと変わった魚のさばき方>

ブラックバスのさばき方
さばき難易度は「初級~中級」です☆