【釣行記NO.6】壱岐へジギング・鯛ラバ釣行。多魚種が釣れるタングステンジグが絶好調?

geo 2017年10月16日

前回の好釣果に味をしめ、再度壱岐方面まで船を走らせることに。

今回も前回同様ライトジギングタックルを中心にしての組み立てと、数名は鯛ラバを行い、それぞれ狙いは青物と真鯛。

壱岐でのライトジギングは相変わらずタングステンジグが絶好調!

ワンキャストワンヒット状態…でも本命は?

ポイントに到着。

水深は85m程で風が強めなので、ルアーが流されないよう最近調子のよかったタングステンジグを装着。

鉛に比べて小型なので、潮流の影響を受けにくく底取りが早くできる上に、そのシルエットの小ささから色んな魚が反応しやすいというメリットもあります。

早速その恩恵のおかげか一流し目からヒットし、良型のアオハタが顔を見せてくれます。

その後しばらくしていると、船の後方で鯛ラバにヒットした様子。

なにやら大物のようでなかなか寄ってきません。

丁寧に少しずつ少しずつ寄せてきて上がったのは、前回釣れたのと同じくらいのサイズのハマチ?ヤズ?(以下ハマチで統一)でした。(3kgちょいといったところでしょうか?)

そして、その直後に再度同じ鯛ラバに大型のアオハタが掛かり、鯛ラバの方が調子が良さそうな様子に心が揺らぎます。

しかし、メタルジグという選択はそのままで、カラーをグリーンゴールドにサイズを100g→120gに変更。

これがいい方向へ向き、ここから1キャスト1ヒット状態。

アオハタ、フエフキダイ、レンコダイ、イラ…等多種多様な魚が反応してくれます。

これは初めて見る魚でしたが、知人からの情報によると「ヒメ」という魚らしいです。

しかしなかなか本命の青物は反応無し。

そんな状態が続いている時、底から3回巻いた後に軽くシャクリを混ぜたところで…

やっと本命がヒット!正体は青物?それとも大型真鯛?

ガツッ!!

…っと引ったくられるようなアタリ!

首は振らないが叩きながら糸を出していくので、ドラグを少し緩めてしばらく走らせながら巻ける時に巻いていく。

ライトタックルにPE1号ですが、ボトムの地形はフラットなのでゆっくりとやり取りを楽しみ、途中もドラグを引き出されながら上がってきたのは先程と同サイズのハマチ。

ここ最近ハマチの回遊が多いようで、夏に釣れたのは食べた時に味がまだまだでしたが、ここ最近のはイワシをたらふく食べているのか脂もそこそこ乗っており美味しくいただけました。

浅場に移動後は魚種に変化が?

アオハタとフエフキダイが、ジギングでも鯛ラバでも釣れ続けるので、次は水深の40〜50mのエリアへ移動。

ここでも先程と同じようにタングステン系のジグを落としていきます。

アクションも同じように着水後3〜5回程ただ巻き→スローでのワンピッチの組み合わせ。

この辺の水深になると先程とは違う魚が増えてきました。

キジハタです。

ここから先程までのアオハタがキジハタに変わり、続々と鯛ラバでもジギングでもキジハタが上がってきます。

そんな中ちょっと違う引きが…「なんだ?走るけど青物では無いし軽い…??」

正解は…

イサキ。直後にすぐに後ろの人にも同サイズのイサキがヒット!

群れに入ったようでしたが、釣れたのは2匹のみ。

そして再度根魚とは明らかに違う引き…今度はイサキではなさそう。

バンバンと竿先を叩くその正体は…?

小さいですがスマガツオ。連続で同サイズがもう1本とマルソウダも上がりました。

そうこうしているうちに大型の魚の群れを発見。1mはあるであろう魚体の正体はシイラ。

船中の一人が掛けるとともに、その大きな魚体で水上に何度も飛び上がりながら沖に走りだす。

ドラグをガンガン出され、竿も大きくしなり、見ているだけで非常に楽しそうなのが伝わってきます。

無事にランディングも成功し、ナイスキャッチ!!

潮止まり前後でトローリングを行うも…?

潮止まり前後が時合と言われるカジキを狙い、トローリングに切り替えて船を走らせていきますが残念ながら特に何もなく終了。

時合が終われば再度釣りを再開し、最後は一人だけフエフキダイラッシュに遭遇し終了となりました。

今回も前回同様タングステンジグをメインに使いましたが、普通のメタルジグの大きさではなかなか反応してくれないような魚も食ってくるので非常に楽しめます。

ちなみに、この日は結局全部で15種目(個人では9種目)の魚が釣れました。

また、通常のジギングのように激しくシャクる必要もないので女性や子供でもジギングゲームに手軽にトライすることができるのでおすすめですよ!