行楽シーズンは家族で釣りへ行こう!サビキ釣りの釣り方と道具を解説。

geo 2017年9月30日

秋の行楽シーズンに突入し、家族連れで出かける機会が多くなる時期となった。ファミリーフィッシングの大本命といえば、釣り人なら誰でも一度は経験したことのある「サビキ釣り」

足場のよい防波堤や釣り公園等で楽しむことができ、ボウズ(1匹も魚が釣れないこと)もあまりない。サビキ釣りは、専門的な技術や道具を必要とせずに、子どもや女性でもたくさんの魚を釣ることができる手軽な釣り方だ。釣りで家族を楽しませたいけど自分も初心者だから・・・というパパもサビキ釣りなら慌てずにナビゲートできるはず。

今回はそんなサビキ釣りに必要な道具と、やり方を解説していく。

家族で楽しむサビキ釣り

サビキ釣りとはどんな釣り方か?

疑似餌がついた複数の針仕掛け(サビキ)に親指サイズくらいの小さなカゴを連ねる。この中にエサを詰めて、オモリを付けて海底近くに沈める。

カゴ内の餌で魚を数匹まとめて寄せる。小さな疑似餌がついた複数の針が一列に連なってピラピラと泳ぐ様子が小虫や小魚に見えるので、次々に食いつく。これがサビキ釣り。

こんなふうに、一度に数匹釣れる。これを見て嬉しくならない初心者はいない。

海の中はこんな感じ。これなら釣れる。

どこで釣る?

港湾エリアの防波堤などで釣れる。船に乗ったり、人里離れた磯などを探す必要はない。ぎょねっと編集部が存在する福岡は都市中心部でも普通に釣れるが、東京湾のサビキ釣りは釣りに向いたロケーションが少なく、場所探しが少し難しいかもしれない。整備された海釣り公園を利用するか、横浜周辺を探すとよいだろう。

いつ釣れる?

季節でいえば5月頃から冬になるまで。地域によるが、特に5月・9月・10月。基本的には季節問わずいつでも釣れるが、その時期なら特に釣れる。連休もあり、家族連れには都合がいい。

時間帯でいえば日の出前後・日の入り前後(朝マズメ・夕マズメ)がベストだが、ファミリーフィッシングでは思うようには時間を確保しにくい。少なくとも、干潮の時間帯は避けるといい。

サビキ釣りに必要な道具

大きな魚を釣るわけではないし、器用な竿さばきも必要ないし、遠くに投げたりすることもないので、竿とリールはなんでもよい。高価な道具を使っても釣果は変わらない。

初心者には釣り竿・リール・釣り糸・サビキ仕掛け・カゴ・オモリがセットになったものがオススメ。セットによっては、カゴがオモリを兼ねていることがあり扱いやすい。仕掛けと道糸の結び方など、基本的な釣りの手引きも同梱されている。

ウキが付属している製品もあるが、少し先まで投げる必要があるので初心者は戸惑うだろう。ウキを使わずに足元に落として釣れるポイントで釣ろう(まわりの釣り人を見ていると分かる)。

上記のような構成。上から順に、カゴ・複数のサビキ針・オモリ。関東ではこの構成で釣る人が多い。

カゴがオモリを兼ねている場合は初心者には扱いやすい。

サビキ仕掛けのサイズは3号〜6号前後(針の大きさや糸の太さが違う)を用意するが、根掛かり(海藻などに引っかかること)やライントラブルを考えて、複数セット用意しておくといいだろう。

釣具店に聞いて、もしサビキ釣りで大型の魚が釣れているようであれば仕掛けのサイズはもう少し大きくする。(大型の魚を釣るつもりならだが)

サビキ釣りの餌

餌は冷凍されているアミエビのブロックを使用。釣具店の店員さんに「サビキ釣りの餌が欲しい」と伝える。釣具店によっては鮮度のいい餌を冷凍せずビニール充填したものを置いていることがあるが、そのほうが寄りつきがよく価格も安いのでおすすめ。解凍の手間もない。

チューブタイプのものも売られており、手が汚れず、開封しなければ常温でストックしておけるので便利。寄りつきはやや弱くなるが、慣れないうちはこれでも十分。全く釣れない場合は餌のせいではなく、場所やタイミングが関係していることが多い。

実践!サビキ釣り

冷凍の餌の場合は、できれば釣り場に着くまでに少し解凍しておくとよい。完全に解凍すると釣ってる間に日中の暑さでドリップ(コマセ汁)が抜けてスカスカになるので注意。

まず、釣り竿にリールをセットし、道糸に仕掛けをつける。クリンチノットと呼ばれる結び方を覚えておくと簡単だが、分からない場合は初心者のうちはダンゴ結びでもかまわない。サビキ釣りで釣れる魚は、雑な仕掛けでも釣れる時は釣れる。

仕掛けをセットしたら、サビキ針の下につけたカゴに解凍された餌を詰める。準備ができたら、リールのベールをゆるめて仕掛けをスルスルと海の中に落としていく。いよいよここから、釣りが始まる。

魚のいる層まで仕掛けが達したらリールのベールを元に戻して、ラインの放出を止める。初心者が釣りやすいアジゴを狙うなら、魚のいる層は海底近く。オモリが海底にコツンと当たったら手元の感触ですぐ分かるので、そこで糸を少し巻き戻す。海底から数センチ~数十センチくらい、ゆらゆらとぶら下がっている様子をイメージする。海底近くでアジゴ達がエサを求めて元気よく泳いでいる様子を想像すると楽しい。

ラインが張ったら、竿をゆっくり上下に2,3回動かす。すると、カゴから餌が出て海中に広がり、その匂いに誘われて魚が数匹まとめて寄ってくる。

海中をピラピラと泳ぐ疑似餌付きの針に食いつき、プルプルと竿先に反応が出る。生き物が引っかかった感覚は独特なので、初心者でもすぐに分かる。

ゆっくりとリールを巻き上げる。慌てると魚の口が切れて針が外れて逃げられる。初めて釣った魚に逃げられると悔しい思いをするので、最初は特に慎重に。

釣れた!!!

付いた魚を針から外す。

慣れないと針の外し方が難しいが、ネットの情報に頼らず自力でコツをつかんでほしい。悪戦苦闘しても1分もたたないうちに魚のほうが動かなくなるし、アジゴの口は柔らかいのですぐ外せる。外すことに気をとられて、糸がもつれてしまわないように気をつけよう。

一度寄ってきた魚の群れはしばらくそこにいるはずなので、針を外したら、すぐに餌を込め直して竿を入れる。うまくいけば連鎖的に次々に釣れる。調子がいい時は餌がなくても釣れることがある。

調子がよければ、どんどん釣ろう!

あると便利な道具

魚つかみ(ワニバサミ

魚のエラやヒレは鋭く尖っており、毒針のようなトゲを持つ魚もいる。アジゴくらいなら素手でいいが、ちょっとサイズのある元気のいい魚が相手だとケガをする。毒を持つ魚に刺されると危険。

そのような危ない魚を釣ってしまった時は扱いに困る。直接手で触らずに、専用の道具を使う。

危険な魚は見た目で分かるので、アジ・サバ・イワシなどとは明らかに違った感じの魚がサビキ釣りで釣れた時は気をつけよう。見た目がトゲトゲしていないゴンズイも危ないので、子どもが面白がってさわってしまわないよう注意してほしい。

水くみバケツ

汚れた手を洗ったり、魚を入れておくのに使うサビキ釣りでは必須のアイテム。ロープがついているものがベター。海面まで高さで1メートル以上離れている堤防が多いので、そういう場合は水をくむのに苦労するからだ。

餌用バケツ

餌を入れて解凍させておくのに使う。専用の物でなくとも100均や家にあるものでも問題無い。これがないと餌の汁で堤防を汚してしまう。

餌用スプーン

餌を入れる時にこれを使えば手が汚れない。特に子どもは汚れた手ですぐに顔や服をさわってしまうので、ママはイライラするし、楽しいはずの釣りが台無しになる。

ライフジャケット

堤防等は非常に高く、登れる場所も限られるため、万が一に備えて必ず付けるよう心掛ける。念のため、もし家族が落水した場合はどうやって救助するかをイメージしておこう。先ほど紹介したロープ付きバケツは、いざという時にも役に立つ。

サビキ釣りで釣れる魚達

サビキ釣りではいろんな魚が釣れる。

何と言っても一番の人気はアジ。ある程度のサイズになれば引きも楽しめる上に食べても美味しいターゲット。

他にもサバやイワシ、コノシロ、ボラ、メバル、アラカブ、ベラ、チャリコ(鯛の幼魚)、セイゴ(スズキの幼魚)、メバル等が釣れる。

しかし、毒のあるゴンズイやアイゴ等も釣れるため注意が必要だ。

少し慣れたら一歩進んだテクニックを

サビキ釣りで爆釣になる為に知っておきたい10のコツ

サビキ釣りは慣れたら飽きてくるかもしれないが、「魚が引いたら少し我慢」「棚は底から攻める」など、一歩進んだノウハウがある。上記ブログ記事が分かりやすく、参考になるはず。

サビキで引っ掛けたアジやイワシ、サバを針に付けたままそのまま泳がせておくと、それを狙って、さらに大きな魚が食いついてくる可能性もあり、そうなるとお父さんの腕の見せどころとなる。

秋は釣りに行こう!

1年の中でも過ごしやすい時期となる秋は、魚達にとっても同じで最もいろんな魚種が釣れる時期の一つである。

このベストシーズンに、家族揃って釣りを楽しんでみてはいかがだろうか?