ダイワから紅牙スピニングリール最軽量の「紅牙 AIR」登場!テンヤ真鯛やキャスティングタイラバに最適なモデル。

geo 2017年10月2日

出典:ダイワ 紅牙AIR公式

ダイワの大人気シリーズ「紅牙」はテンヤ真鯛やタイラバ等の真鯛ゲームを楽しむ専用モデル。

今回はその紅牙シリーズから新たに登場するスピニングリール「紅牙 AIR」を紹介していく。

紅牙AIRは紅牙スピニングリール最軽量モデル

紅牙AIRは空気のような軽さ

紅牙シリーズの最新リールとなる「紅牙 AIR」。

近年の真鯛ゲーム人気の火付け役となったテンヤ真鯛、浅場で広範囲を攻めるキャスティングタイラバに適したモデルだ。

「紅牙AIR」の名前の通り、空気(AIR)のような軽さで、紅牙スピニングリールの最軽量モデルとなっている。

(紅牙EXは250g、紅牙MXは210g)

紅牙AIRに搭載されたテクノロジー

MAGSEALED(マグシールド)をボディとローター間に搭載し、外部からの水の侵入をシャットアウトしている。

紅牙AIRが使用される主なフィールドは船の上でのオフショアフィッシング。

波や水しぶきにより海水を被ることが多いタフなシチュエーションだが、このマグシールドがあればリールの塩ガミによる異音の発生を防ぎ、スムーズな回転を維持できる。

ドラグにはATDを採用。

大型真鯛の走りは、青物のそれと間違うくらいの強烈なもの。真鯛ゲームに使う細いラインでは走らせないとまず取ることができない。

そんな走りでも、安定したドラグを効かせてくれるダイワの最新ドラグシステム「ATD(オートマチックドラグシステム)」。

魚が走るときはラインが出て、止まるとドラグの操作無しで巻けるので大型真鯛とのやり取りでもキャッチ率が上がるだろう。

さらに、リールの心臓部となるドライブギアには、軽さと強さを併せ持つジェラルミン製のマシンカットデジギアの使用で力強く巻き上げることができる。

その他にも、エアローター、ザイオン、マシンカットデジギア、ABS II、クロスラップ等の技術を使用し、真鯛ゲームを楽しむのに適したリールとなっている。

スペック表

モデル ギア比 自重(g) 最大ドラグ(kg) PE 巻取り長さ(cm) 価格(¥)
2508PE-H 5.6 195 7 0.8-200 84 37,000

本製品と関連商品