秋の新子イカのシーズンに向けてヤマシタの「エギカラー選択」で状況に合ったエギカラーを知ろう!

geo 2017年9月25日

秋に数釣りが期待できるようになる釣りがアオリイカを狙ったエギング。

全国でこの季節を楽しみに待っているエギンガーは多い。

初心者がエギングを初めるには最適な時期とされているが、アオリイカは非常にエギのカラーに敏感なターゲットでカラー選択が重要となってくる。

今回はそんなエギング初心者がエギのカラーを選ぶ時の助けになるヤマシタの「エギカラー選択」を紹介していく。

状況に合ったエギカラーを知ってアオリイカを釣ろう!

秋は新子イカのシーズン

アオリイカの産卵期は地域にもよるが、5月〜7月あたりと言われている。

その卵から産まれた新子イカ(子どものイカ)が成長して、コロッケサイズやトンカツサイズと呼ばれるくらいまで成長する秋はアオリイカの数釣りができるシーズン。

産まれたばかりでスレて無く、好奇心旺盛な新子イカはエギを見つけると抱いてきやすく、数釣りを楽しむことができる。

しかし、イカは色に対して敏感で新子イカでもその場に合ったエギのカラーを使用していないと釣れないこともあり、逆に適したカラーを使用していると簡単に釣ることもできる。

ヤマシタの「エギカラー選択」で適正カラーを知ろう

ヤマシタの公式ページにある「エギカラー選択」というツールで状況に合ったエギのカラーの基本を知ることができる。

ヤマシタ エギカラー選択 公式ページ

大まかには、ボディカラー(下地)、背色、布バリエーション、カラー選択(状況)の4つで分かれている。

出典:ヤマリアエギカラー選択公式ページ

ボディカラー

光量や潮の状況によってどの下地の色が強いかを調べることができ、下地別のエギのラインナップも紹介される。

背色

各色ごとの特徴が説明されており、アングラーがイカにどのように見せたいのかをエギの背色によって使い分けるときに役立つ。

布バリエーション

エギの本体に貼ってある布にも実は種類があり、それぞれを使用するのに適した状況を知ることができる

カラー選択

時間帯、天気、潮の濁りの3つのシチュエーションからそれぞれの状況に合わせたエギのおすすめのカラーを教えてくれる。

出典:ヤマリアエギカラー選択公式ページ

エギのカラーを使い分けアオリイカを釣り上げよう!

身近な場所で手軽にイカが狙えるエギング。

アオリイカは非常に味もよく、釣りの後も楽しむことができる。

エギのカラーは状況によって使い分けが必要となるため、いくつかの種類を持って行くようにしよう。

そして、状況に合わせたカラーをしっかり選択することができればアオリイカを釣る近道となる。