12本撚りのPEラインに遂に手が届く…。シマノから出たピットブルは驚異的な安さのPEライン。

geo 2018年4月16日

出典:ピットブル 12 [PITBULL 12]|ライン|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

魚と釣り人を繋ぐライン。釣具としてはどうしてもルアーやロッドやリールに目が行ってしまいがちだが、ベテランの釣り人ほどラインを気にかけることが多い。今回シマノから新たに高機能ながら驚きの価格となるPEラインが登場となった。

シマノ「ピットブル」は今までの常識を覆すPEライン

編み込み数が多いほど高価になるPEライン

出典:ピットブル 12 [PITBULL 12]|ライン|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

4本撚りでも充分な強度があるのだが、編み込む数の多いラインになる程さらに強度が増えるだけでなく、トラブルも減り、キャスト時の飛距離も伸びたりとメリットが多い。

しかし、8本撚りや12本撚りのPEラインはまだまだ高価で、通常使用である場合手に取りにくい。

(繊維を編み込むPEラインは◯本撚りの数字が大きい程高価になる)

その為、12本撚りのPEラインは使い勝手はいいのだが、使用するのはあまり一般的ではなかった。

シマノ「ピットブル」で12本撚りのPEラインが変わる

そんな中でシマノが出してきたのが「ピットブル」という新しいPEライン。

「ピットブル4」(4本撚り)、「ピットブル8」(8本撚り)、「ピットブル12」(12本撚り)の全3種類があり、どれも価格が安いリーズナブルなラインだ。

特に驚きなのが、12本撚りとなる「ピットブル12」の価格。

今までの12本撚りのPEラインは1万円程と非常に高価なものだったが、ピットブルは150mで3450円と圧倒的にリーズナブルな価格設定となっている。

さらに上記値段はメーカー価格で、実売価格はさらに安い3000円前後での販売となる。

「ピットブル」の特長

出典:ピットブル 12 [PITBULL 12]|ライン|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

低伸度かつ高強度のPEラインの「ピットブル」は、原糸に高分子量ポリエチレン繊維を素材にした東洋紡「IZANAS®(イザナス®)」を使用し、VT工法とタフクロスを合わせたオリジナル工法の「タフクロス2」で編み込んでいる。(「ピットブル12」のみ)

これにより、低伸度と高強度を両立させ、操作性やフッキングの向上、さらにガイド抜けが良くなりライントラブルも減少する。

価格を確認してみる