【釣り場情報】天竜川河口 西側

Googleマップで開く

天竜川河口西側(先端サーフ周辺)
 
天竜川河口サーフ入り口                      天竜川河口外側
 
天竜川河口内側                          天竜川河口外側
  

特徴

天竜川河口付近西側の広大なサーフスポット。
中部エリア屈指の大型シーバスの実績が高い人気スポット。
足場はサーフなので、相当悪く乗用車での乗り入れは不可能。
大型の四輪駆動車でないと立ち往生するハメになる。
西風が強いときには釣りにならないが、条件さえ合えば、最高のポイント。
ルアー釣りの人気スポットで人が入りにくいポイントなので、魚影は濃いがライフジャケットの着用は必須。
地元の釣具店や地元ベテランの動きを見ながらのほうが無難。
このポイントは、大型の気配もムンムンで実績も高く、シーバスを狙う釣り人としては一度は行っておきたいポイントである。

シーズン

ほぼ年中OKだが 夏場はフッコクラス、秋から冬場にかけては大型のスズキ

釣り方・仕掛け

投げ釣り:基本はスパイク型の円盤オモリでの仕掛けもしくはジェットテンビンが一般的。
エサはカメジャコ、ボケイワイソメアオイソメの房掛け。
泳がせ釣りでの活きアジや活きハゼでのシーバス、マゴチヒラメも狙える。
ルアー釣り:シーバスなどを狙う場合にも、ソルトルアーからミノーまで
少しでも変化のある流れや障害物に集中してみると良い。

コツ

朝マズメ夕マズメが一番の狙いたい時間だが、稚鮎やアジなどの小魚が群れて泳いでいるときはチャンス。
また、ナブラが立っているようなときは、すかさずポイントにルアーを投入しよう。
レッドへッドのミノーでの実績は非常に高い。

ポイント

とにかく少しでも流れのよれているところや障害物のあるところを狙う。
また、白波の立っているようなポイントを重点的に攻めよう。

その他のマメ知識

周辺はポイントがたくさんあるので、ある程度キャストしたら、ポイントをどんどん変えていっても良い。
青物も釣れるので、メタルジグなども持参していくと良い。
サーフといってもかなり海までの距離を感じるため、遠投する準備を心得ておかないと釣りにならない。
下がサーフで足を取られるので、長靴や防砂の服装でなるべく軽装にしていくこと。
くれぐれも乗用車での乗り入れは危険でもあるので、無理はしないように。

アクセス

国道150号線、新掛塚橋西側を西遠浄化センター方面へ南に向かい、天竜川に向かって突き当たりを南下して,
突き当たりの左側側道を降りたら駐車スペースがある。

この釣り場に関する詳しい情報を提供する


情報はGyonet事務局宛てに通知し、内容を確認の上でページ上の最新情報として反映いたします。